ソフトバンク、1年目右腕・田上と支配下契約結ばず 2軍で1試合、育成で再出発へ

ソフトバンク、1年目右腕・田上と支配下契約結ばず 2軍で1試合、育成で再出発へ

  • フルカウント
  • 更新日:2021/11/25
No image

ソフトバンクのドラフト5位・田上奏大【写真:代表撮影】

履正社高から2020年のドラフト5位で入団

ソフトバンクは25日、ドラフト5位ルーキー右腕の田上奏大投手に対し、来季の選手契約を締結しないことを通達したと発表した。2年目となる来季は、育成選手契約を提示しているという。

球団OB捕手の田上秀則氏を叔父に持ち、履正社高(大阪)から2020年のドラフト5位で入団。高校では公式戦登板はないものの、身長185センチから投げ込む速球を評価されていた。今季は1軍登板なく、2軍では1試合に登板していた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加