【怜悧】はなんて読む? 褒め言葉の常識漢字!

【怜悧】はなんて読む? 褒め言葉の常識漢字!

  • Ray
  • 更新日:2022/08/06

「怜悧」はなんて読む?

みなさんは、この漢字を見たことがありますか?

実は人を褒める時に使う言葉なんです。

いったい、なんと読むのかわかりますか?

正解を知りたい人は、もう少しスクロールしてみてください。

No image

果たして、正解は?

正解は、「れいり」でした!

「怜悧」とは、「賢い」「利口」という意味の言葉です。類語には、「聡明」や「炯眼」がなどが挙げられます。

「人を賢いと褒めるときの難しい言い方なんだな」と覚えておくと良いですよ。

テレビや本で使用されることが多い言葉なので、知っていた人もいるかもしれません。「怜悧な人物だ」と褒められるような人間になりたいですね。

みなさんは分かりましたか?

家族や友だちにも、「知ってる?」と聞いて自慢してみて!

《参考文献》
・『デジタル大辞泉』(小学館)
・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)
・『日本大百科全書』(小学館)

あわせて読みたい

💖【敢然】はなんて読む?誰しも見たことがあるはずの常識漢字!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加