湊かなえ最新作! 大量のドーナツに囲まれて自殺した田舎町の少女――登場人物全員に見える“美醜”への執着

湊かなえ最新作! 大量のドーナツに囲まれて自殺した田舎町の少女――登場人物全員に見える“美醜”への執着

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2020/05/15

『カケラ』(湊かなえ/集英社)

〈田舎町に住む女の子が、大量のドーナツに囲まれて自殺したらしい。
モデルみたいな美少女だとか。
いや、わたしは学校一のデブだったと聞いたけど――。〉
 プロローグとも言いがたい、本編が始まる前のたった3行。それだけで謎と悪意、そして真実は主観によって捻じ曲がることを予見させるなんて、さすがは湊かなえさんである。最新小説『カケラ』(集英社)は、少女について語る人々

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加