【17日MLB見どころ】9月好調のレッズ・秋山、メジャー初本塁打にも期待

【17日MLB見どころ】9月好調のレッズ・秋山、メジャー初本塁打にも期待

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/17

大リーグは16日(日本時間17日)、ダブルヘッダーを含め両リーグ16試合が行われる。

No image

レッズ・秋山翔吾(AP)

レッズの秋山は本拠地パイレーツ戦(午前7時40分開始)に出場予定。相手先発は初対戦の右腕ブルベイカーで、今季8試合に投げ1勝1敗、防御率5・34。秋山は9月に入り39打数13安打(打率・333)と好調でそのバットに期待が集まる。

今季はここまで46試合に出場し、打率・237、0本塁打、7打点、6盗塁。15日の試合前オンライン会見ではいまだ本塁打がないことについて「相手投手とかチームに与える印象というのはホームランが打てるか打てないかというのはあると思うので、1本出たらいいなとは思ってますけど、バッティングを変えてまでとは思わないです」と話していた。

西武での9年間で通算116本塁打、昨季まで3年連続20本塁打以上。レギュラーシーズンは残り10試合。チームはポストシーズン進出圏内の2位・カージナルスに0・5ゲーム差と肉薄しており、勝負どころでの秋山の一発にも期待が集まる。

レイズの筒香は本拠地ナショナルズ戦(午前2時10分開始)、エンゼルスの大谷は本拠地ダイヤモンドバックス戦にそれぞれ打者出場予定。大谷は相手先発が今季苦手にしている左腕のため4試合連続でスタメンを外れる可能性がある。今季ここまで37試合に出場し打率・189、5本塁打、20打点。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加