全国・東海へ健闘誓う 陸上・野球・水泳、玉城中で壮行会 三重

全国・東海へ健闘誓う 陸上・野球・水泳、玉城中で壮行会 三重

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2022/08/06

【度会郡】8月に開かれる全国・東海大会に出場する三重県の玉城中学校の生徒らの壮行会がこのほど、同校体育館であり、生徒らが辻村修一町長や中西章教育長らに健闘を誓った。

陸上男子110メートルハードルの上田凛太朗さん(3年)と男子四種競技の内山真志さん(同)は、7月にあった県大会で全国の標準記録を突破し、19―20日に福島県で開かれる全日本中学校陸上競技選手権大会への出場を決めた。

県大会で好成績を収め、東海中学校総合体育大会(岐阜、静岡県)に出場するのは、陸上競技男子200メートルの三浦響さん(3年)、110メートルハードルの上田凛太朗さん(同)、男子低学年4×100メートルリレー、男子4×100メートルリレー、軟式野球部、水泳男子100メートル自由形の谷口廣維さん(同)。

No image

【東海大会に出場する野球部の生徒ら=玉城町田丸の玉城中学校で】

壮行会では、辻村町長が「体調管理に気を付けて上位入賞や優勝を勝ち取ってほしい」と激励。生徒らは「自分の力を出し切りたい」「メダルを取れるように頑張ります」などと抱負を述べた。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加