ANA国内線、896便追加減便 10/8まで、運休10路線

ANA国内線、896便追加減便 10/8まで、運休10路線

  • Aviation Wire
  • 更新日:2021/09/16

全日本空輸(ANA/NH)は9月15日、国内線を10月8日までの896便追加減便すると発表した。9月21日から30日まで19路線115便、10月1日から8日まで39路線781便が対象となる。月間の運航率は9月が63%、10月が70%となる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によるもの。

No image

10月8日までの国内線を追加減便するANA=PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

羽田発着の幹線4路線は伊丹線を減便前の1日15往復から11-15往復に減便し、札幌(新千歳)線は16往復を9.5-15.5往復に、福岡線は18往復を12-17.5往復に、那覇線は13往復を10-13往復に、それぞれ減便する。

期間中に1便も運航しない運休路線は10路線。国際線に接続する成田発着が中部、札幌、仙台、新潟、那覇の5路線、那覇発着が札幌と新潟、静岡、岩国の4路線のほか、広島-札幌線も対象となる。

一部の日が運休となるの15路線で、中部発着が女満別、旭川、函館、新潟、松山、宮崎の6路線、那覇発着が高松、松山、熊本の3路線、札幌発着が神戸、富山、小松、岡山の4路線、福岡発着が宮崎と石垣の2路線で、一部運休が発生する。

新型コロナ前に策定した2020年度の計画旅客便数によると、9月は120路線2万3240便、10月は119路線2万3418便の運航を計画していた。今回の追加減便により9月の運航便数は104路線1万4699便、10月は102路線1万6346便となる。

Yusuke KOHASE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加