東大×積水ハウス、デジタルと建築の先端研究施設「T-BOX」を新設

東大×積水ハウス、デジタルと建築の先端研究施設「T-BOX」を新設

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/10/14
No image

積水ハウスと東京大学大学院工学系研究科は10月14日、「未来の住まいのあり方」をテーマとした研究および次世代の建築人材育成を目指す「国際建築教育拠点(SEKISUI HOUSE – KUMA LAB)」の研究施設「T-BOX」を東京大学工学部 1号館に新設したことを発表した。

ブロックチェーン活用で賃貸契約から水道手続きをワンストップ化‐日立ら実証実験

なお、「T-BOX」は、「国際建築教育拠点」が東京大学内で運営するスペースの呼称であり、工作機械や複写機器の設備を備えた同スペースは、学内からの利用者を広く受け入れ、東京大学のものづくり環境のハブを目指すとのことだ。

「国際建築教育拠点」は、国際デザインスタジオ、デジタルファブリケーションセンター、デジタルアーカイブセンターとして、3つの活動を展開する。国際アドバイザーにバリー・バーグドール氏(コロンビア大学)、サラ・M・ホワイティング氏(ハーバード大学)、佐々木経世氏(イーソリューションズ)を迎え、コンピュテーショナル・デザインやポストデジタル、アーバンデザイン、建築史学などの、建築学の国際的な研究教育拠点の確立を目指しながら、「未来の住まいのあり方」の探究に取り組む予定だ。

国際デザインスタジオでは、UMA LABディレクターのセン・クアン氏(東京大学)と平野利樹氏(東京大学)が世界から招聘した、第一線で活躍する建築家がデザインスタジオの指導にあたる予定だ。2021年度春学期にはマドリードとボストンを拠点に活動するアンサンブル・スタジオ、ロサンゼルスを拠点に活動するアンドリュー・コバックがデザインスタジオを指導したとのことだ。

デジタルファブリケーションセンターでは「人と自然の共生」をテーマに、デジタルファブリケーションの活用によって生み出される建築が、その中で過ごす人々の人間性豊かな生活にいかに貢献できるかを実践的に研究するという。「T-BOX」内に設置されたCNC加工機や3Dプリンタ、レーザ加工機などのデジタルファブリケーション設備は、建築学科内外からもアクセスでき、デジタルテクノロジーについての人材育成を進める。

デジタルアーカイブセンターでは、建築アーカイビングの手法や思想に関する研究、および実践により、日本が世界に誇る建築資料のアーカイビングなどを主軸とした研究・教育拠点の構築を目指す。さらに、学内外の重要な建築家の図面や模型などの資料をデジタル化し、研究者がアクセスできるようなアーカイブプラットフォームを構築して、国際的な建築史研究ネットワークの構築への貢献も狙う。

これまで当たり前とされてきたライフスタイルや価値観は、時代に合わせて急激にかつ多様に変化している。そうした中、少子高齢化や環境問題といったさまざまな社会課題の解決に向けて、住まいや建築の新たなあり方が求められている。一方で、建築分野におけるデジタルテクノロジーの活用が世界的に進む一方で、日本では普及促進に大きく遅れをとっており、世界的な潮流に合わせた研究施設の整備および国際的な人材育成が業界の急務なのだという。

こうした背景を受けて、「『わが家』を世界一幸せな場所にする」というグローバルビジョンを掲げる積水ハウスと、建築学における最先端のデジタルテクノロジーの活用研究および国際的な人材育成を目指す東京大学は、「未来の住まいのあり方」をテーマとした研究の場を創ることに合意している。両者は2020年6月より、隈研吾氏を中心に新たな技術や価値観創出の研究活動を推進している。

熊谷知泰

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加