【インドネシアマスターズ2023】西本拳太、保木&小林、志田&松山などが2回戦に進出!<2日目結果>

【インドネシアマスターズ2023】西本拳太、保木&小林、志田&松山などが2回戦に進出!<2日目結果>

  • BADMINTON SPIRIT
  • 更新日:2023/01/26
No image

1月25日に開催されたBWFワールドツアー・インドネシアマスターズ(Super500/ジャカルタ)2日目は、各種目残りの1回戦が行なわれた。

1月24日/初日1回戦結果

No image

男子シングルスは4選手が登場。地元インドネシアの若手選手と対戦した西本拳太(上写真)は、第1ゲームを相手に奪われたものの、その後の第2、第3ゲームを取り返して逆転勝ち。2回戦に進出した。昨季好成績を残したプラノイ・H.S.(インド)との勝負に挑んだ常山幹太は、第1ゲームの接戦を21-19でモノにすると、第2ゲームは10本に抑えて勝利をつかんでいる。マレーシアOP(S1000)準優勝の奈良岡功大は、同年代のライバルであるラクシャ・セン(インド)に0-2で敗戦。インドOP(Super750)初戦敗退の桃田賢斗は、中国の石宇奇(シー・ユーチー)に第1ゲーム18−21で落とすと、第2ゲームは終始ペースを握られ7-21で敗戦。初戦突破はならなかった。女子シングルスは奥原希望、大堀彩が1回戦に登場。奥原は中国の何冰嬌(へ・ビンジャオ)とファイナル勝負にもつれたが、後半に失速して逆転負け。大堀はインドネシア選手に第2ゲームを奪って最終ゲームに持ち込んだが、最後はデュースとなった接戦を21-23で失い2回戦進出はならず。なお、マレーシアOP優勝インドOP準優勝の好結果を残した山口茜は、1回戦を棄権している。

No image

ダブルス勢は女子ダブルスの志田千陽/松山奈未、男子ダブルスの保木卓朗(上写真・左)/小林優吾がそれぞれ白星を獲得し、2回戦に進出。志田/松山はドイツペアとのファイナル勝負の競り合いを制し、保木/小林は台湾ペアを2-0のストレートで下している。また、混合ダブルスは金子祐樹/松友美佐紀、山下恭平/篠谷菜留がそれぞれ勝利を飾り、初戦突破した。1月25日の日本選手の結果、26日の対戦カードは以下の通り。【男子シングルス】▼1回戦(1月25日)桃田賢斗●0〔18−21、7−21〕②石宇奇(中国)40分奈良岡功大●0〔12−21、11−21〕②ラクシャ・セン(インド)42分西本拳太②〔16−21、21−10、21−18〕1●クリスチャン・アディナタ(インドネシア)66分常山幹太②〔21−19、21−10〕0●プラノイ・H.S.(インド)42分[caption id="attachment_79369" align="alignnone" width="645"]

No image

桃田賢斗は中国のライバル・石宇奇に0-2のストレート負け。2大会連続で初戦敗退となった[/caption][caption id="attachment_79367" align="alignnone" width="645"]

No image

マレーシアOP準優勝の奈良岡も初戦敗退。インドOPを欠場して中1週での参戦だったが、持ち味のスピード勝負に持ち込めず[/caption]▼2回戦(1月26日)西本拳太 – ブライアン・ヤン(カナダ)常山幹太 − アンダース・アントンセン(デンマーク)【女子シングルス】▼1回戦(1月25日)大堀彩●1〔17−21、25−23、21−23〕②プトリ・クスマ・ワルダニ(インドネシア)88分奥原希望●1〔21−15、12−21、7−21〕②何冰嬌(中国)52分山口茜●(キケン)○ポンパウィ・チョチュウォン(タイ)【男子ダブルス】▼1回戦(1月25日)保木卓朗/小林優吾②〔21−16、21−16〕0●蘇敬恒/葉宏蔚(台湾)39分▼2回戦(1月26日)竹内義憲/松居圭一郎 – タンWK/タンKM(マレーシア)保木卓朗/小林優吾 – ラバー/コロビー(フランス)【女子ダブルス】▼1回戦(1月25日)志田千陽/松山奈未②〔19−21、21−18、21−16〕1●ロハウ/エフラー(ドイツ)69分[caption id="attachment_79366" align="alignnone" width="645"]

No image

インドOP優勝の志田(左)/松山は、ドイツペアとの1時間を超える熱戦を制して2回戦へ[/caption]▼2回戦(1月26日)志田千陽/松山奈未 – 張殊賢/劉聖書(中国)福島由紀/廣田彩花 – 李紹希/ベク・ハナ(韓国)【混合ダブルス】▼1回戦(1月25日)山下恭平/篠谷菜留②〔21−16、21−18〕0●R・N・クシャリアント/リサ・アユ・クスマワティ(インドネシア)43分金子祐樹/松友美佐紀②〔21−14、19−21、23−21〕1●タベリング/ピキ(オランダ)59分緑川大輝/齋藤夏●0〔19−21、14−21〕②リバルディ/メンタリ(インドネシア)40分▼2回戦(1月26日)山下恭平/篠谷菜留 − 蒋振邦/魏雅欣(中国)金子祐樹/松友美佐紀 − メイルス/モーレ(イングランド)文/バドミントン・マガジン編集部写真/BADMINTONPHOTO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加