遠藤航フル出場シュツットガルトが3試合ぶり、遠藤渓太途中出場ウニオン・ベルリンは6試合ぶり白星

遠藤航フル出場シュツットガルトが3試合ぶり、遠藤渓太途中出場ウニオン・ベルリンは6試合ぶり白星

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/02/21
No image

ブンデスリーガ第22節でシュツットガルトは敵地でケルンに1-0で勝利した。後半4分にFKを頭で合わせたFWサーシャ・カライジッチのゴールが決勝点になった。カライジッチは4戦連発。開幕から先発を続ける遠藤航は、7試合連続のフル出場で3試合ぶりの勝利に貢献した。

MF遠藤渓太の所属するウニオン・ベルリンは敵地でフライブルクに1-0で勝利した。後半19分にMFグリシャ・プレーメルが決勝点。チームは6試合ぶりの勝利を挙げた。遠藤渓は後半31分から2試合ぶりとなる今季9試合目の出場を果たしている。

●海外組ガイド●ブンデスリーガ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加