柏原明日架は“始動”でクラブを置き去り 「ヘッドが遅れてくる感覚がわかります」【ゴルフの飛距離アップ】

柏原明日架は“始動”でクラブを置き去り 「ヘッドが遅れてくる感覚がわかります」【ゴルフの飛距離アップ】

  • ゴルフ情報ALBA.Net
  • 更新日:2021/02/23
No image

テークバックでは体の回転を先行させ、ヘッドを置き去りに。トップでは上半身を深く捻転し、右股関節にしっかり体重を乗せる|撮影:米山聡明

寒い時期は着ぶくれして動きづらくなるし、体のキレも落ちる。半袖でプレーできる暖かい時期に比べると、どうしてもドライバーは飛ばなくなる。そんな寒い日のゴルフでも、1ヤードでも遠くに飛ばしたいのがゴルファー心理というもの。クラブを効率的に使って飛ばす柏原明日架に、冬でも夏でも飛距離アップできる「シャフトに仕事をさせる」方法を聞いた。

しなりとタメがすごい! 柏原明日架のドライバーショット【連続写真】

シャフトをしならせようとすると、ダウンスイングで力みがち。そうすると腕に余計な力が入り、かえってシャフトはしならなくなる。柏原はスイングの一番最初の段階、テークバックが重要だという。

「シャフトをしならせるポイントは2つあります。1つ目は体が先行して、ヘッドが遅れてくる感覚をつかむこと。ヘッドが先行してしまうと、シャフトの性能を引き出せません。この感覚を身につけるには、テークバックで体の回転を先行させ、ヘッドは一番最後に引きずるようにして上げてください」

ローリー・マキロイ(北アイルランド)や石川遼など、体が小さくても効率的に飛ばしているプロのスイング動画をよく見てみると、テークバックではヘッドが一瞬遅れてシャフトが“く”の字にしなっていることがわかる。この時点でもうシャフトは動き始めている。これをヘッドからヒョイッと上げてしまうと、シャフトのおいしいところを生かせなくなるのだ。

では、シャフトをしならせるもう1つのポイントとは? 「トップで右股関節の上に乗って、上半身を十分に捻転させることです。そうすれば、右足にパワーが溜まって、スムーズに下半身から切り返すことができます。トップでは右足の付け根に斜めの“しわ”を作ることを意識しましょう。この“しわ”が横方向にできるのがスエーで、ミスにつながりますよ」。

柏原が見せてくれたトップの下半身に注目。右ヒザは正面を向いたまま、あまり動いていない。ここで右ヒザが流れるとスエーにつながり、パワーは逃げてしまう。右カカトと左ツマ先で上半身を支えることで右ヒザが動かず、右股関節にしっかり体重を乗せることができる。

「飛距離アップのために新しいドライバーを買ったのにイマイチ」という人は、柏原の『ヘッド置き去りテークバック』と、『右ヒザ不動のトップ』を試してみよう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加