ジーンズが人を襲う、シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションの注目作『キラー・ジーンズ』予告編公開

ジーンズが人を襲う、シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションの注目作『キラー・ジーンズ』予告編公開

  • ぴあニュース
  • 更新日:2021/09/15

『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション』に選出されたホラー映画『キラー・ジーンズ』の予告編が公開された。

1968年に創設され、スペイン・バルセロナ近郊の海辺のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されているシッチェス映画祭。SF、ホラー、サスペンスなどのジャンル映画に特化した「世界三大ファンタスティック映画祭」の1つであるとともに、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の世界でも権威のある国際映画祭だ。『シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション』は、シッチェス映画祭で上映された作品の中から厳選した作品を日本で上映する、シッチェス映画祭公認の映画祭。今年で8回目を迎え、ヒューマントラストシネマ渋谷(東京)、シネマスコーレ(名古屋)、シネ・リーブル梅田(大阪)、アップリンク京都(京都)にて、10月より開催される。

これまでトマトや、タイヤ、ソファなど思いもよらぬモノが、人間に襲いかかってきたファンタ系ホラー映画。その系譜を継ぐ最新作として今回ラインナップされているのが『キラー・ジーンズ』である。タイトルの通り、「ジーンズが人間に襲いかかる!」というワンアイディアで押し切ってしまう作品だ。とあるアパレルメーカーが開発した誰にでもフィットする魔法のようなジーンズ『スーパーシェイパーズ』。新アイテムの発売に向けて、店舗で従業員たちが忙しなく準備をしている中、ジーンズはひとりでに動き出し、次から次へと人々を血祭りにあげていく。

文明崩壊後の世界を、BMXにまたがり生きのびる青年の活躍を血みどろゴア描写満載に描いた『ターボキッド』の製作陣による『キラー・ジーンズ』もまた、スプラッターシーンの出血大サービス。予告編からも分かるように、履いた人間の足をあらぬ方向にバキッと曲げてしまったかと思えば、首に巻きついてそのまま締め殺したり、ファスナーを巧みに使って指を切断したりと、ジーンズの特徴を存分に活かした豊富な殺しのパターンを見せつけてくれる。また、なぜかボリウッドの音楽に合わせて踊ったり、血を美味しそう(?)にすすったりと生き生きとした姿も披露。人間のありとあらゆるパーツを木っ端微塵にしていく人喰いジーンズは、果たしてどれだけの犠牲者を出してしまうのか。ぜひ、劇場で本作を楽しんでほしい。

『キラー・ジーンズ』予告編

【開催情報】

「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2021」

会期・会場:

・10月29日(金)~11月11日(木) @ヒューマントラストシネマ渋谷

・11月開催 @シネマスコーレ

・10月29日(金)~11月18日(木) @シネ・リーブル梅田

・11月19日(金)~ @アップリンク京都

料金:当日一般 1,600円 / 専門・大学生、シニア 1,200円 / 高校生以下 1,000円

公式サイト:https://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/

ishii

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加