読売新聞記者の女、持参した袋に商品入れて万引きか...知床沖の沈没事故の取材時、コンビニで弁当や菓子など食品9点

読売新聞記者の女、持参した袋に商品入れて万引きか...知床沖の沈没事故の取材時、コンビニで弁当や菓子など食品9点

  • HBCニュース
  • 更新日:2022/06/29
No image

動画は元記事でご覧いただけます

知床半島の斜里町のコンビニエンスストアで、食料品を盗んだ疑いで22日に逮捕された読売新聞の記者は、持参した袋に入れて商品を盗んでいたことがわかりました。

読売新聞北海道支社の記者、高橋沙耶香(さやか)容疑者は、4月28日夜、斜里町の「セイコーマートウトロ店」で、食料品9点を盗んだ疑いで、23日朝、身柄を検察庁に送られました。
その後の取材で高橋容疑者は、持参した袋に入れて、商品を盗んでいたことがわかりました。
高橋容疑者は当時、知床半島沖で起きた観光船の沈没事故を取材するため、斜里町に滞在していました。
警察の調べに対し「間違いありません」と、容疑を認めているということです。
高橋容疑者は18日にも、札幌市の書店で漫画1冊を盗んだ疑いでその場で逮捕され、22日、処分保留で釈放されていました。

6月23日(木)午前11時30分~「JNNニュース」

HBC北海道放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加