巨人・石川、実戦で捕手デビュー「ブルペンとは違い、難しかった」

巨人・石川、実戦で捕手デビュー「ブルペンとは違い、難しかった」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/02/23

巨人春季キャンプ(22日、那覇)外野手の石川が、五回の守備で捕手として実戦に初出場。桜井をリードして1回を無失点に抑え「打者も本気で打ちにくるのでブルペンとは違い、難しかった」と汗を拭った。今キャンプでは有事の備えとして捕手の練習を行ってきたが、今後も実戦を重ね、シーズンでの捕手2人制が可能になれば起用法の幅が広がる。27歳は「任された以上は一生懸命やりたい」と決意を示した。

No image

5回、巨人・中島宏之の打球を追う捕手の巨人・石川慎吾=沖縄県那覇市の奥武山公園(撮影・中井誠)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加