古江彩佳、逆転賞金女王へ前半「29」通算7アンダー単独首位で後半突入

古江彩佳、逆転賞金女王へ前半「29」通算7アンダー単独首位で後半突入

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

1番、ティーショットを放つ古江(撮影・上田博志)

<国内女子ゴルフツアー:JLPGAツアー選手権リコー杯>◇第1日◇25日◇宮崎CC(6543ヤード、パー72)◇賞金総額1億2000万円(優勝賞金3000万円)◇有観客開催

最終組が前半9ホールを終え、賞金ランク2位で古江彩佳(21=富士通)が7バーディー、ボギーなしの29で回り、通算7アンダーで、2位に2打差をつけて単独首位で後半に突入した。賞金ランク1位の稲見萌寧はバーディーなし、2ボギーの38で、通算2オーバーで26位。前週大会優勝の原英莉花はイーブンパーで19位につけている。

今季最終戦の今大会で、逆転での賞金女王に挑む古江は稲見と最終組でスタート。1番パー4でバーディー発進。ショット、パットとも安定しており、3番、4番(いずれもパー4)と連続バーディー。さらに6番、7番(いずれもパー4)、8番パー3、9番パー5で4連続バーディーと絶好調だった。一方、稲見は4番パー4、5番パー3と連続ボギー。プレー中、曇った表情が多かった。

稲見との賞金差は約1700万円。古江にとって、単独2位以上が逆転での賞金女王の絶対条件となる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加