海外のステージ情報をお届け  Broadway! 11月のレコメン

海外のステージ情報をお届け Broadway! 11月のレコメン

  • ステージナタリー
  • 更新日:2021/11/25

日本でも冬の足音がようやく聞こえ出した11月下旬。アメリカ・ニューヨークでは、本日11月25日に第95回メイシーズ・サンクスギビングデー・パレードが実施される。

昨年は限られた観客数で開催されたが、今年はマスク着用のうえ、現地での観覧が可能に。現地時間9:00からスタートするパレードでは、ミュージカル作品のパフォーマンスも行われ、「アニー・ライブ!」「ムーランルージュ!」「シックス」「ウィキッド」のキャストによるパフォーマンスのほか、ラジオシティ・ミュージックホールからロケッツが参加。ホリデーシーズンの始まりが華やかに祝われる。

サンクスギビングデーの到来と共に、ブロードウェイの各公演では、クリスマスから年末年始にかけての変則的な公演スケジュールも発表される。2021年も残すところあと1カ月。今年はいくつの素敵な作品と出会えただろうか。

各公演の詳細は公式サイトで確認を。

No image

ミュージカル「ダイアナ:ザ・ミュージカル」より。(Photo by Matthew Murphy)

すべての画像を見る(全5件)

ミュージカル「ダイアナ:ザ・ミュージカル」

Diana: The Musical

No image

2021年11月17日(水)~
ロングエイカー劇場

作・作詞:ジョー・ディピエトロ
作詞・作曲:デヴィッド・ブライアン
振付:ケリー・ディヴァイン
演出:クリストファー・アシュリー
出演:ジーナ・デ・ヴァール、ロー・ハートランフ、エリン・デイヴィー、ジュディ・ケイ

深く知らない英国王子と19歳で婚約し、一夜にして世界に知られることになったダイアナ元妃。メディアに追われ、窮屈な王室での生活から飛び出し、慈善活動に自らの生きる道を見つける様子が描かれる。なお、本作は上演に先駆け、今年10月にNetflixで配信が開始された。

「トラブル・イン・マインド」

Trouble in Mind

No image

2021年11月18日(木)~
アメリカン・エアラインズ劇場

作:アリス・チルドレス
演出:チャールズ・ランドルフ・ライト
出演:ラシャンズ、マイケル・ゼゲンチャック・クーパー、ダニエル・キャンベル、ジェシカ・フランシス・デュークス、ブランドン・マイケル・ホール ほか

アメリカ南部を舞台にしたメロドラマの稽古中だった、とある劇団。主演女優のウィレッタは、黒人のリアルな体験をもっと表現するべきだと主張して……。アリス・チルドレスが1955年に発表し、64年前にはブロードウェイ入りがキャンセルされた戯曲。トニー賞女優のラシャンズが主演を務める。

「クライズ」

Clyde's

No image

2021年11月23日(火・祝)~
ヘイズ劇場

作:リン・ノッテージ
演出:ケイト・ウォリスキー
出演:ウゾ・アドゥバ、ロン・セファス・ジョーンズ、エドモンド・ドナヴァン、レザ・サラザール、カラ・ヤング

ピュリツァー賞作家のリン・ノッテージと演出家ケイト・ウォリスキーが送る、新作コメディがお目見え。サンドウィッチのお店で働くのは、“ムショ帰り”の訳あり店員たち。彼らが女性のボスのもと、最高のサンドイッチを作るため、一致団結して奮闘する。果たして店員たちは第2の人生を歩み出せるのか?

ミュージカル「レント」

Rent

No image

2021年11月2日(火)~
シグネチャー劇場

脚本・作詞・作曲:ジョナサン・ラーソン
振付:リッキー・トリップ
演出:マシュー・ガーディナー
出演:ジェイク・ローウェンタール、ヴィンセント・ケンスキー、アリアンナ・ロサリオ、デイヴィッド・メリノ、ジョシュ・A・ドーソン、イネス・ナサラ、ケイディ・マリコ・マリー、ダヴォン・T・ムーディ ほか

シグネチャー劇場のシーズン開始を飾る、ジョナサン・ラーソン脚本・作詞・作曲のミュージカル。芸術監督のマシュー・ガーディナーが演出を手がける。映像作家のマーク、ミュージシャンのロジャーを中心に、アメリカ・ニューヨークで、さまざまな問題を抱えながらも今を生きる芸術家たちの姿が描かれる。

ステージナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加