極小の細竜目の新種、化石が示唆する土潜り生活

極小の細竜目の新種、化石が示唆する土潜り生活

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/07/21

Joermungandr boltiのイメージ図。カナダ・カールトン大学提供(2021年7月20日提供)。

【AFP=時事】米国で発見された3億800万年前の化石が、爬虫(はちゅう)類の祖先とみられる極小の恐竜のような生物についての手掛かりを与えるとする論文が21日、英学術誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス」に掲載された。 この新種は、細竜目と呼ばれる小さなトカゲのような生物で、恐竜が

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加