広島正随優弥、値千金1号3ラン&適時打 2戦連続「3番左翼」起用に結果

広島正随優弥、値千金1号3ラン&適時打 2戦連続「3番左翼」起用に結果

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

中日対広島 7回表広島1死一、二塁、左越え3点本塁打を放った正随(撮影・森本幸一)

<中日3-5広島>◇15日◇バンテリンドーム

広島正随優弥外野手(25)が、値千金の逆転1号3ランを放った。2試合続けて「3番左翼」で先発出場。2点を追う7回1死一、二塁で中日福の初球、内より低め139キロ直球を振り抜いた。打球はライナー性の軌道で、左翼席に着弾した。

「前の打席で1本出たことで少し楽な気持ちで入ることが出来ました。自分のスイングで捉えること出来て良かったです」。正随は3点を追う5回2死一、二塁から右前適時打を放っており、4打点と爆発。起用に結果で応えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加