阪神が絶好のチャンスを潰す 無死一、二塁から3者連続凡退

阪神が絶好のチャンスを潰す 無死一、二塁から3者連続凡退

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

4回、二飛に倒れる大山(撮影・西岡正)

「日本ハム-阪神」(10日、札幌ドーム)

阪神は絶好のチャンスを生かせず、先制点を奪えなかった。

両軍無得点の四回。先頭のドラフト6位・中野(三菱自動車岡崎)が中前打で出塁すると、マルテは左前打でつないだ。無死一、二塁で4番・大山が打席へ。しかし、アーリンの直球に詰まらされて二飛に倒れた。

なおも1死一、二塁。だが、ドラフト1位・佐藤輝(近大)は、補邪飛に仕留められると、続くサンズも空振り三振。先制の好機であと1本が出なかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加