リーバイス、ユニクロ......人気ブランドの“コーデに利くアイテム”を上手く取り入れた男たち

リーバイス、ユニクロ......人気ブランドの“コーデに利くアイテム”を上手く取り入れた男たち

  • OCEANS
  • 更新日:2022/01/15
No image

今回の街角パパラッチでたくさん発見した、素直に良いと思える服の数々。

それはきっとブランドのらしさが出ていて、“コーディネイトに利く”アイテムなのだろう。

「ベアフット ドリームス」のカーディガン

No image

カーディガン=ベアフット ドリームス Tシャツ=ユニクロ パンツ=ピーティー トリノ スニーカー=アディダス

前田敬太さん Age 33
ネイティブ柄カーディガンを羽織り、パンツ専業ブランドのコンフォータブルなものを着用した。上品かつ、動きやすく。そのさじ加減が抜群で、趣味はゴルフと聞いて妙に納得した次第。

[Brand Profile]カーディガンなどに代表されるふんわりとした極上の手触りは、一度味わえばヤミつき必至。そんなアメリカ西海岸生まれのライフスタイルブランドは、実はキッズウェアにルーツを持つ。当然、家族みんなのカジュアルに利くのだ。

「リーバイス」のジャケット

No image

ジャケット=リーバイス カットソー =チャンピオン パンツ=アメリカ軍 靴=パラブーツ キャップ=アンユーズド

榊原崇樹さん Age 43
爽やかなアイスウォッシュのデニムジャケットは、決して派手ではないがカーキ&ブルーの色みの中ではこんなにも映えてくれる。榊原さんの装いを見ていると濃い色派も、薄色を試してみたくなるはず。それくらい魅力的な着こなしだ。

[Brand Profile]まさにキング・オブ・デニム。「501」に足をとおしたことのない大人を見つけるほうが難しいかもしれない。毎年コラボレーションも増え続け、面白いシルエットやディテールのものも登場。でも、往時のモデルを再現するコレクション「ビンテージ クロージング」のオーセンティックなやつもハズせない。

--{aa}--

「ユニクロ」のパーカ

No image

パーカ=ユニクロ パンツ=ジーユー スニーカー=ヴァンズ 腕時計=オメガ バッグ=ブリーフィング×MHL.

紫藤 登さん Age 41
ウェアはブランクボディ&ダークトーンでスッキリ大人っぽく。その分、バッグや時計はちゃんと目利きも納得するアイキャッチの名品を。その使い分けの的確さを、人は経験値と呼ぶのだ。

[Brand Profile]国民的デイリーウェアと言い切って、もはや異論は出ないはず。無駄を排したシンプルなデザインもさることながら、リーズナブルな価格に反比例した高品質で、目の肥えたファッションフリークにも愛用者を大勢生んでいる。

「サイ」のジャケット

No image

ジャケット=サイ Tシャツ=レショップ パンツ=スティーブン アラン 靴=チャーチ

鎌田俊弘さん Age 45
シェイプ控えめの段返り3Bで、程良く個性を感じさせるくすんだグリーン。普段着のジャケットはこんなやつがイイ。そして足元は名門でビシッとキメる。お洒落をわかっていらっしゃる。

[Brand Profile]テーラリング用語に由来するそのブランド名が示すとおり、仕立ての良さは世界的に見ても高水準。吟味された素材に、削ぎ落としつつも、個性を感じるデザイン。シャツなどに付いたサイのワッペンも可愛いアクセントに。

「エルメネジルド ゼニア」のジャケット

No image

ジャケット、パンツ、スニーカー=すべてエルメネジルド ゼニア ニット=ユニクロ

アドリアーノさん Age 36
ロゴも装飾もないのに、上質素材というのはかくも雄弁に物語るものなのだと、アドリアーノさんを見て思う。モノトーンと優しい暖色の緩急もいい具合にマッチしている。退屈じゃないシンプルとは、こういうこと。

[Brand Profile]創業は1910年、製織業が出自という北イタリアの名門。そんな背景を活かした極上素材による心地良さや色合いの美しさが際立つ服作りをこれまで貫いている。ウールやカシミヤを得意とし、寒い季節はしっかりと目を向けておきたいブランドである。

OCEANS編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加