西武・渡邉勇太郎投手、5回1失点の好投でチームは勝利 後半戦の先発ローテも?

西武・渡邉勇太郎投手、5回1失点の好投でチームは勝利 後半戦の先発ローテも?

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/07/22
No image

埼玉西武ライオンズに所属する渡邉勇太郎投手は22日、イースタン・リーグの東京ヤクルトスワローズ戦に先発し、5回1失点の好投をみせた。

■まずまずの投球内容

先発した渡邉投手は、5回3安打1四球3奪三振1失点の内容。1、2回は完璧なピッチングを展開したものの、3回1死無塁から渡邉大樹外野手にライトへの2塁打を放たれピンチを招く。

続く打者をセカンドゴロに打ち取り、2死から迎えるはプロ19年目の大ベテラン坂口智隆外野手。フルカウントで粘られてからの10球目に、ライトへのタイムリーヒットを許してしまった。それでもこの打席、3ボール0ストライクから四球を出さなかったのは大きな収穫といえる。

ピンチの場面で #高木渉 選手の完璧な送球!勝ち越しを阻止しました! #埼玉西武ライオンズ #seibulions #イースタン pic.twitter.com/7Se9a2t3WV
— 埼玉西武ライオンズ (@lions_official)
July 22, 2021
from Twitter

5回には、バックの守備が渡邉投手を援護。2死2塁のピンチでまたもや坂口外野手にライトへのヒットを許すも、高木渉外野手がホームで刺すビッグプレーをみせて勝ち越しを阻止した。

【動画】渡邉投手が好投、チームは西川外野手がサヨナラ打を放つ

関連記事:自己最速159キロも、2敗目の西武・今井投手 その成長にネットでは肯定的な声が…

■課題はコントロール

今季1軍デビューをはたした渡邉投手は、これまで8試合に登板して0勝2敗、防御率4.15という成績を残している。

被打率は1割8分2厘となかなかの数字を誇るが、投球回数13に対して10四死球(2死球)とコントロールに不安がみられる。コンスタントに150km/hを超えるボールを投げるだけに、投球が安定してくれば安心して先発を任せられる投手になるだろう。

■ポテンシャルの高さは折り紙付き

渡邉投手の投球にネットでは、「立ち上がりは最高だった」「中継ぎで見たときも良い投手だと思っていた」「打線に捕まるまでは良かった」といった声がみられるなど、ポテンシャルの高さは折り紙付き。

6月の1軍初登板後、辻発彦監督は先発候補として考えていると発言。ファームでの結果次第では、今季の後半戦から先発ローテンションに入る可能性もある。自慢のストレートを軸にさらなる成長を期待したい。

■試合は西川外野手がサヨナラ打を放つ

渡邉投手が締まったゲームを演出。チームは西川愛也外野手が逆転サヨナラ打を放ち、3対2で勝利を収めた。

[7/22 イースタン結果] L3-2S
初回、 #木村文紀 選手の先頭打者本塁打で先制。先発の #渡邉勇太朗 投手は5回を投げて1失点の好投を披露します。
1点ビハインドで迎えた9回、満塁のチャンスで #西川愛也 選手が逆転サヨナラ打!劇的な勝利を収めました! #埼玉西武ライオンズ #seibulions #イースタン pic.twitter.com/DyqoHZpU5K
— 埼玉西武ライオンズ (@lions_official)
July 22, 2021
from Twitter

・合わせて読みたい→DeNA・平良投手、ファーム復帰登板で好投 ネットでは豪華すぎる投げ合いが話題

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加