人生に迷った時に、深呼吸するように読みたい1冊。

人生に迷った時に、深呼吸するように読みたい1冊。

  • フィガロジャポン
  • 更新日:2022/01/15

書物からもらったメッセージで生き方や価値観が変わることもある。クリエイター32人が、いま読み直したい本、薦めたい本とは?

山崎まどか

コラムニスト

人生に迷った時には、好きなページを開いて。 ↓

『ぼく自身のノオト』

No image

ヒュー・プレイサー著 きたやまおさむ訳 創元社刊 ¥1,760

「私の13歳の頃からの愛読書。1970年に当時32歳だった著者の個人的な日記の抜粋で、自分自身についての思索の言葉が並んでいる。その言葉自体はシンプルで難解ではないが、とても普遍的で深い。さまざまな情報に惑わされて、自分を見失いがちな現代人に必要な言葉というだけではなく、その言葉を紡ぎ出すプロセスまで明示されている。だからこの本をヒントにして、自分自身というものを深く掘り下げていける。どこから読み始めてもいい構成になっているので、人生に迷った時に好きなページを開いて、深呼吸するように読みたい」。生き方を模索する青年期を描いた、500万部の世界的ロングセラー復刻版。

Madoka Yamasaki/ 映画、文学、音楽など、幅広く執筆。近訳書に、サリー・ルーニー著『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』(早川書房刊)。

*「フィガロジャポン」2021年11月号より抜粋

フィガロジャポン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加