透明な体で捕食者を欺く「ガラスのイカ」、サメハダホウズキイカ科の一種

透明な体で捕食者を欺く「ガラスのイカ」、サメハダホウズキイカ科の一種

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2021/04/08
No image

アメリカ、ワシントン州のオリンピックコースト国立海洋保護区、水深500メートル付近で撮影された、透明な体を持つサメハダホウズキイカ科の一種。

体が透明な種が多いから英名はグラス・スクイッド(Glass squid)、あるいは冠羽のような触腕からコッカトゥー・スクイッド(Cockatoo squid)とも名付けられている。

体が透明だと背景に自然に溶け込める保護色となるため、捕食者の目を欺きやすいという。

【オススメ記事】地面に落ちていた手のひらサイズのコモンマーモセットの赤ちゃんを拾い、お母さんの元へと受け渡し

Strange Transparent Squid Filmed in Ocean Deep | Nat Geo Wild

No image
No image
No image
No image

kotaro269

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加