“サニブラウンに勝った男”に勝った男 独協大・並木快足アピール プロ2球団が視察

“サニブラウンに勝った男”に勝った男 独協大・並木快足アピール プロ2球団が視察

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/16
No image

プロ入りへアピールに成功した独協大・並木

「オープン戦、独協大4-3東洋大」(15日、東洋大グラウンド)

今秋ドラフト候補の独協大・並木秀尊外野手(4年・市川口)が15日、埼玉県川越市内で行われた東洋大とのオープン戦で1安打1盗塁と持ち味を発揮した。初回先頭で左前打を放ち、警戒される中で「いかに走れるかが勝負」と二盗に成功。捕手の送球がそれる間に三塁を陥れ、先制点につなげた。

昨冬の侍ジャパン大学代表候補合宿に参加し、野手陣による50メートル走では、始動1歩目からの手動計測ながらタイムは驚異の5秒32。“サニブラウンに勝った男”の中大・五十幡らを抑え、トップタイムをたたき出した。

この日もプロ2球団が視察。ロッテ・柳沼スカウトは「足も速いし、身体能力も高い」と評価。プロ志望届を提出済みの韋駄天(いだてん)は、同大学初のNPB入りに突き進む。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加