ロッテ 走塁ミス重なり好機逃す 井口監督苦言「バントミス、走塁ミスがこれだけ出たら...」

ロッテ 走塁ミス重なり好機逃す 井口監督苦言「バントミス、走塁ミスがこれだけ出たら...」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/11

◇交流戦 ロッテ3ー5ヤクルト(2021年6月9日 ZOZOマリン)

No image

<ロ・ヤ>あと1本が出ず悔しい敗戦の井口監督(撮影・長久保 豊)

ロッテは走塁ミスで勝機を逃した。2―4の7回、マーティンの中前適時打で1点差としたが、なお1死一塁から中村奨の中前打で一気に三塁を狙ったマーティンがオーバーランの形でタッチアウト。8回無死一塁では柿沼の犠打が捕飛となり、代走・和田が飛び出して併殺となった。

交流戦は再び黒星先行で、井口監督は「2回も3回もチャンスで取れなかった。バントミス、走塁ミスがこれだけ出たら」と厳しい表情だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加