EU食品安全機関、昆虫食は安全と判断 加盟国での販売に一歩

EU食品安全機関、昆虫食は安全と判断 加盟国での販売に一歩

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/01/14

スイス・ジュネーブのスーパーマーケットで販売されている調理済みの昆虫バーガーパテ(2017年8月21日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】欧州連合の欧州食品安全機関は13日、乾燥ミールワーム(チャイロコメノゴミムシダマシの幼虫)について、人間が消費しても安全との判断を下した。 イタリアを拠点とするEFSAの決定は、EU加盟27か国における販売に向けた予備段階となる。 フランスの昆虫食企業マイクロ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加