イッセー尾形、シェークスピアを捉え直すカバー作品を発表 松岡和子も推薦

イッセー尾形、シェークスピアを捉え直すカバー作品を発表 松岡和子も推薦

  • Real Sound
  • 更新日:2021/09/15
No image

イッセー尾形、シェークスピアを捉え直す

俳優・イッセー尾形が、単行本『シェークスピア・カバーズ』を、9月20日にスイッチ・パブリッシングより発売する。

(参考:【画像】イッセー尾形と松岡和子

本書は、「ハムレット」「マクベス」「ロミオとジュリエット」などシェークスピアがのこした数々の名作戯曲をモチーフに、新たに紡がれた10篇の物語が収録されている。原作の脇役たちを主人公に据えたスピンオフ作品や後日譚、近現代のロシアやドイツを舞台に “劇中劇”としてシェークスピア作品を用いた物語、シェークスピア作品のエッセンスを軸に全く新たに構想されたオリジナルストーリーなど、バラエティ豊かな視点からシェークスピアを捉え直した唯一無二のカバー作品集だ。文芸誌『MONKEY』に掲載された9作品に加え、書き下ろし作品も収録。装画や挿絵もすべて尾形自身が手がけている。

一人芝居の第一人者として長年活躍してきた俳優・イッセー尾形だからこそ書くことのできた意欲作。巻末には『MONKEY』責任編集・柴田元幸による「解説」も収録。また、スイッチ・オンラインストアではイッセー尾形直筆サイン本を数量限定販売している(現在予約受付中、なくなり次第販売終了)。

■イッセー尾形コメント(あとがきより)
確かにシェークスピアのカバーではありますが、あまりそれを気にせず読んで みてください。たかがカバーされどカバー、みたいになれば嬉しいです。

■翻訳家・松岡和子 推薦コメント
シェイクスピア劇という種にイッセー尾形の妄想と創造の慈雨が降りそそぐと、どんな途方もない樹が育ち、どんな異色の花が咲くか。ここにそんな実りがある。

■書誌情報
『シェークスピア・カバーズ』
著者:イッセー尾形
発売日:2021年9月20日
価格:3,520円(税込)
特設サイトURL:http://www.switch-pub.co.jp/issey-ogata-shakespeare-covers/

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加