東京成徳大高FWボードリ将輝「苦しい場面でも諦めずに自分たちを信じてやり切れるチーム。目標の“西が丘での勝利”を目指す」

東京成徳大高FWボードリ将輝「苦しい場面でも諦めずに自分たちを信じてやり切れるチーム。目標の“西が丘での勝利”を目指す」

  • 高校サッカードットコム
  • 更新日:2021/10/14
No image

東京成徳大高FWボードリ将輝

10月9日、第100回全国高校サッカー選手権東京予選の2次トーナメントBブロック1回戦、東京成徳大高都立高島の一戦が行われた。延長までもつれ込む激闘は、東京成徳大高FWボードリ将輝(3年)のひと振りが決勝点となった。試合を決めるゴールを挙げた攻撃の要に、ゲーム後、話を聞いた。

ーーまずは試合を振り返っていただけますでしょうか?

最初から相手が引いて守っていて、その状況をなかなか崩せない中、自分にも結構マークが集まっていて苦しい試合でした。プレッシャーがキツくなっていって厳しかったです。都立高島は同じ地区ですし、球際の強さや空中戦の強さがあるので、そこはけっこうやりにくかったです。

ーーボールを持つ時間帯が長い中で、なかなか点が入らなかったですが焦りなどはなかったですか?

正直焦りしかなかったです。ただ、いつかは点が取れると信じていました。

ーーゴールシーンを振りかえってもらえますか?

味方の選手が目の前にいいボールを落としてくれて、これはもう打つしかないと思って打ちました。ちょうどGKも前に出てきていたので思い切り打ちました。

ーー前の所属チームとポジションを教えてもらえますか?

東京成徳中からそのまま上がってきました。ポジションも変わらずトップでした。

No image

東京成徳大高FWボードリ将輝

ーー憧れの選手やプレーを参考にしている選手などはいますか?

海外でいうとレバンドフスキ選手とか、日本だとU-24日本代表の林大地選手とか、前線からすごいプレスをかけてハードワークする選手は憧れます。

ーー自分のストロングポイントはどんなところだと思っていますか?

空中戦の強さだと思います。

ーー逆に現時点での課題はどんなところだと思っていますでしょうか?

今日は最後に点を取れたから良かったんですけれども、FWなのに決定力不足なところがあって、あまりチームを助けることができませんでした。そういうところは改善していきたいと思っています。

ーー今のチームはどういうチームでしょうか?

一人ひとりが目標に向かって、苦しい場面でも諦めずに自分たちを信じてやり切れるチームです。

ーー次戦に向けての意気込みをお願いします

チームとして目標にしている「西が丘での勝利」に向かって頑張りたいと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加