ラグビーリーグワン 横浜開幕2連勝 神戸相手に34点差完勝 田村「プラン通り」

ラグビーリーグワン 横浜開幕2連勝 神戸相手に34点差完勝 田村「プラン通り」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/01/15
No image

前半、ペナルティーキックを決める田村(撮影・高石航平)

「ラグビー・リーグワン、横浜55-21神戸」(15日、日産スタジアム)

横浜が開幕2連勝を飾った。日産スタジアムでの本拠地開幕戦。8トライ55得点で神戸に圧勝した。

試合開始1分。キックオフのボールで相手FB山中亮平のノックオンを誘った。いきなり敵陣へ攻め込み、SO田村優のキックパスから7人制日本代表で東京五輪に出場したWTB松井千士が走り込んで先制トライを決めた。

同10分には再び田村のキックパスを起点にSH荒井康植がトライ。12分にCTB梶村祐介、14分にFB小倉順平がトライを決めて前半開始から4連続で奪った。

同22分に1トライを返されたが、25分に再び梶村がトライ、終了間際には田村のPGにより34-14で折り返した。

後半も横浜は梶村のこの試合3トライ目などで神戸を寄せつけず。55-21で完勝した。横浜は神戸を相手にトップリーグ時代の公式戦では通算1勝しかできなかった。昨季は73-10と完敗していたが、新リーグで生まれ変わった姿を見せた。

田村が試合後のインタビューに「本当にプラン通りゲームが進んでいった」と冷静に振り返るなど、いい準備をしてきた成果が出た試合となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加