「誰よりもシュートを決めていた」現地メディアが八村塁の練習復帰を詳報!指揮官も歓迎「精神面で充実していた」

「誰よりもシュートを決めていた」現地メディアが八村塁の練習復帰を詳報!指揮官も歓迎「精神面で充実していた」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2021/11/25
No image

NBAワシントン・ウイザーズの八村塁の復帰が伝えられている。

9月下旬からのトレーニングキャンプを個人的理由で不参加、その後10月のプレシーズンゲームも欠場と、チームとは別に、個人練習などの活動を続けていた。

今月20日、ウィザーズの練習に短時間ながらも参加したと報じられており、その際のコートに立つ姿の写真などもネット上に配信され、大きな反響を呼んだ。

そして現地時間22日、ウィザーズ傘下のキャピタルシティGOGOで練習を開始したことを、地元メディアが伝えている。同じく、ウィザーズ所属であり、足首の負傷で鮮列を離れているデイビス・バータンズとともに練習に参加しているとして『NBC Sports Washington』では、活動内容とともに、ウェス・アンセルドJrヘッドコーチのコメントなども掲載している。

記事の中では「精神的な面でも充実していた。たくさんのスクリプト、たくさんのシュート、たくさんの片付けをしました。でも、彼らがそこにいて、彼らがペースを持って物事を行なうのを見られたのは良かった」と、八村の動きを確認したヘッドコーチの感想も綴られている。

また、ウィザーズが夏の間にスタッフを一新し、ロースターの約半数を刷新するなど、チーム状況が大きく変わったことから「ルイはチームの新しいプレーブック、用語、新しいチームメイトとの空間的な動き方を学ぶ必要がある」として、今後のチーム復帰へ向けてのプランも明かした。

記事では、八村は今週中は同じ様に練習を続け、その後、ウィザーズと一緒に遠征しながら練習する可能性があることも伝えており、同メディアも「コートに戻ってくる大きな兆候」「日に日に進歩している」と期待と共に見通しも述べている。「チームメイトの誰よりもシュートを決めていた」として、プレーの一部もレポート。さらに、アンセルドJrヘッドコーチは、「まだ始まったばかりだが、彼がこのような日に参加してくれるのは非常に貴重」と、練習復帰を歓迎していた。

八村がコートに立ち、練習を行なったという事実は喜ばしい出来事だ。それでも、指揮官の言葉通り本格復帰への道は始まったばかり。躍動する八村の姿がNBAの舞台で観られるまで、静かに見守りたいところだ。

構成●THE DIGEST編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加