義理の娘と孫を取り戻す...ダイアン・レインとケヴィン・コスナー共演のスリラー公開

義理の娘と孫を取り戻す...ダイアン・レインとケヴィン・コスナー共演のスリラー公開

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/06/10

ダイアン・レインケヴィン・コスナーが共演した「Let Him Go」が、「すべてが変わった日」の邦題で8月6日に公開される。

No image

「すべてが変わった日」ティザービジュアル

ラリー・ワトソンの小説を映画化した本作は、1960年代を舞台にしたサイコスリラー。元保安官のジョージ・ブラックリッジと妻のマーガレットは、落馬の事故で息子を失う。3年後、義理の娘のローナが暴力的な男と再婚し、孫を連れて引っ越したことを知ったマーガレットは、2人を取り戻すことを決意。しかし、ジョージとマーガレットを待ち受けていたのは、暴力と支配欲ですべてを仕切る異様な女家長だった。

レインとコスナーが、マーガレットとジョージ役で出演。そのほか、「ファントム・スレッド」のレスリー・マンヴィルが女家長のブランシュ・ウィボーイ、「プライベート・ライフ」のケイリー・カーターがローナを演じる。またドラマ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のジェフリー・ドノヴァン、「ディセンダント」のブーブー・スチュワートもキャストに名を連ねた。監督と脚本は「幸せのポートレート」のトーマス・ベズーチャが担当している。

「すべてが変わった日」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)2020 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加