【Amazon】購入におすすめ!「缶詰ウォーマー」で“家飲み”が最高に楽しくなる♪【使用レビュー】

【Amazon】購入におすすめ!「缶詰ウォーマー」で“家飲み”が最高に楽しくなる♪【使用レビュー】

  • ウレぴあ総研
  • 更新日:2022/11/25
No image

【flow 缶詰ウォーマー CROSS WARMER】パッケージ写真の雰囲気も最高

筆者は過去にグルメ缶詰レビュー記事を書いてきた缶詰ファン。

これから寒くなっていく時期、どうせなら缶詰料理の温度にもこだわりたい。

ということで「缶詰ウォーマー」なる商品を見つけました。キャンドルの直火で温めるという、ありそうでなかった新発想です。

「クロスウォーマー」を実際に使ってみて、実際に使ってみた感想や使い勝手をレビューしていきたいと思います!

【写真】【缶詰ウォーマー】使い方、スペックは?使用レビューを見る

缶詰ウォーマーを初体験。一体どんな商品?

さっそく「缶詰ウォーマー」をチェックしていきましょう。

【flow】缶詰ウォーマー CROSS WARMER/2,750円(税込)

「flow 缶詰ウォーマー CROSS WARMER」は、キャンドルを使った簡易コンロです。

「クロス」という商品名通り、折りたためるコンロ部分は開くとX字の形になります。

直火を扱う商品なので注意事項や取り扱い説明書をよく読んでから使ってくださいね。公園には直火使用NGのところもあります。

屋内でも炎や煙の感知システムなどがある場合は念のためチェックしておきましょう。

たたむと非常にコンパクトなのも魅力。しかしその分、鍋やメスティンは乗りません。

缶詰がジャストサイズです。

中央の丸型パーツにキャンドルを設置して使用します。

直火調理のギアですが、直接缶底には火が触れない構造になっています。

最近の缶詰の缶の内側にはコーティング剤が施されていることが多いのですが、直火が当たるとそれが食品内に溶け出てしまう恐れがあるのだとか。

クロスウォーマーはそうならないよう、巧みに設計されています。

キャンドルは商品に2個付属していますが、買い足す場合には「カメヤマ株式会社製ティーライトティン(アルミカップ入り)」がメーカー推奨のものです。

とっておきのグルメ缶詰をじわじわ…優しいキャンドルの火で温める

温める缶詰は以下の商品。

【K&K】缶つまSELECTION ビールに合う缶つま 3個/1,780円(税込)

おなじみ「缶つま」シリーズの、ビールに合う3個セットです。

セットの内容は「広島県産かき燻製油漬け」「牛タン焼きねぎ塩だれ」「国産豚軟骨直火焼」の3種類。

ビールが進みそうなラインナップ。ちなみにワイン用のセットも販売されているので、ワイン派はチェックしてみてくださいね。

穏やかな秋晴れの日、ベランダで缶詰ウォーマーをやってみる

とある秋晴れの平日昼間、せっかくなのでベランピングしてみました。ワークマンのチェアとテーブルを置いてスタート。

「豚軟骨直火焼」をクロスウォーマーで温めてみます。

クロスウォーマーの評判を事前チェックしたところ、時間があまりかからなさそうなものが良いかもと、豚軟骨をセレクト。

缶を開けると、油脂分が固形化していました。加熱具合を知るのにちょうどいいですね。

キャンドルの芯にライターで火をつけます。スムーズにつきました。

ところが、火力はとても穏やか。少し風が吹くと消えてしまいます。

風よけを作るなど工夫してみましたが、火がなかなか安定しなかったため、屋内に戻りました。

アウトドアで使う場合は、場所選びや風よけなど、しっかり対策したほうが良いかもしれません。

屋内では炎も安定しています。

20分ほど経った頃には缶詰内の油脂もすべて溶けて、軟骨が柔らかくなってきました。

優しい火力なのでジュージュー言ったり湯気が立つという派手さはありません。保温寄りでギリギリ加熱、といった印象です。

軟骨がぷるぷるになったので、ビールと一緒にいただきます!

唐辛子や胡椒がきいたスパイシーな味で、ぷるぷるの軟骨。ビールが進みます♪

クロスウォーマーの最大のポイントはやはり「優しい火力」です。時間もかかりお湯も沸かせませんが、「炎を眺めて出来上がりを待つ」のはこの上なく豊かな時間。

炎を消さなくても、保温しながら缶から直接ゆっくり食べられるのもいいですね。

タスクや連絡に終われる日々の中、貴重な時間を自分の楽しみのためだけに使うことの贅沢さ…。

そんな体験が味わえる、最高の晩酌タイムになりますよ。

缶詰だけでなく熱燗やホットワインの温めにも使える!

さて次は、お酒そのものも温めてみます。

ホットワインを作ってみる

熱燗と迷って、ホットワインにチャレンジすることにしました。

手頃なサイズで直火に耐える器として、目玉焼きサイズの小さな土鍋「エッグベイカー」を使います。

120ml程度の赤ワインに、小さじ2杯程度のはちみつを入れました。

あればさらにレモンやシナモンなどのスパイスを入れると、ドイツのグリューワインのようになります。ショウガも身体が温まっていいですよ。

こちらも20分ほど加熱しました。細かな泡と湯気が立ってきたので、飲み頃と判断。

一口飲むと、身体の中からほわ~っとぬくもります。

ワインの香りとはちみつのまろやかな甘さで、幸せな気分になりました。

キャンドルは1個で5時間持続するそうなので、連続で何個も缶詰を温めたり、ホットワインをおかわりしたりできます。

クロスウォーマーで新しい娯楽を発見。寒い冬の楽しみが1つ増えました!


コンパクトサイズなので、旅先に持って行って現地の缶詰グルメを楽しむのもいいかもしれません(キャンドルの使用可否については必ず事前に宿泊施設へ相談しましょう)。

興味を持った方はぜひチェックしてみてくださいね!

【写真】【缶詰ウォーマー】使い方、スペックは?使用レビューを見る

(うまいめし)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加