ヒートシンク付きM.2 SSDをそのまま使える変換アダプター

ヒートシンク付きM.2 SSDをそのまま使える変換アダプター

  • ASCII.jp
  • 更新日:2022/01/15

センチュリーから、ヒートシンク付きのM.2 SSDをそのまま装着できるUSB3.2 Gen.2接続の変換アダプター「裸族の頭 M.2 SSD」(型番:CRAM2NSU32)が発売された。価格は4980円。パソコンショップアーク、TSUKUMO eX.で販売中だ。

No image
No image

ヒートシンク付きのM.2 SSDをそのまま装着できるUSB3.2 Gen.2接続の変換アダプター「裸族の頭 M.2 SSD」

裸のM.2 SSDをそのまま工具不要で装着できる、ユニークな変換アダプター。本体上部が空いているのでヒートシンク付きのM.2 SSDもそのまま使用できる。インターフェースはNVMe/SATA両対応で、M.2 2242/2260/2280のフォームファクターをサポートしている。

No image

本体上部が空いているのでヒートシンク付きのM.2 SSDもそのまま使用できる

サイズは108(W)×46.5(D)×17(H)mm、重量約80g。コネクター形状はUSB Type-Cで、ケーブルはUSB Type-A→Type-Cx1とType-C→Type-Cx1の2本が付属している。

【関連サイト】

センチュリー

製品情報(センチュリー)

【取材協力】

パソコンショップアーク

ツクモ

山県 編集●北村/ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加