オリックス・佐野晧大が600万アップの2300万円でサイン「1年間通して結果を残せるように」 右打ちに専念し、レギュラー奪取へ

オリックス・佐野晧大が600万アップの2300万円でサイン「1年間通して結果を残せるように」 右打ちに専念し、レギュラー奪取へ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/11/25
No image

契約更改を終えたオリックス・佐野皓大(撮影・榎本雅弘)

オリックス・佐野晧大外野手(26)が25日、大阪市此花区の球団施設で契約更改交渉を行い、600万円増の2300万円でサインした。(金額は推定)

8年目の今季は、自己最多の78試合に出場。打率・224、2本塁打、9打点の成績を残した。

「前半はやれた気持ちはあったが、優勝争いの後半戦で結果を残せなかった。来年はレギュラーを目指して、1年間を通して結果を残せるように頑張りたい」

何度も両打ちに挑戦するも、結果を残せなかったことから、来季は右打ちに専念する。2020年には20盗塁を記録したが、年々減り、今季は5盗塁。「チームとして走れる人が減ってきたので、僕が走れば、もっと得点も入りやすくなる。数も成功率もキャリアハイ以上をやっていきたい」と誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加