市原隼人、現場でのストイックなルーティン明かす 「うどんしか食べない」

市原隼人、現場でのストイックなルーティン明かす 「うどんしか食べない」

  • クランクイン!
  • 更新日:2022/05/14
No image

『劇場版 おいしい給食 卒業』公開記念舞台あいさつに登壇した市原隼人<画像をもっとみる>

俳優の市原隼人が14日、都内で開催された『劇場版 おいしい給食 卒業』公開記念舞台あいさつに共演の佐藤大志土村芳綾部真弥監督と共に出席。本作へかける思いや、体力作りについて語った。

【写真】涙をぬぐう市原隼人 先日の完成披露上映会にて

本作は、1980年代のある中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と、給食マニアの生徒・神野ゴウ(佐藤)のバトルを描く学園グルメコメディの劇場版第2弾。2人の長き戦いが、ゴウの義務教育最後の年についに完結する。

先日行われた完成披露上映会では、堪えられずに涙を流した市原。コロナ禍を経て改めていろいろなことを考えたと言い「僕らが生きている映画やドラマや舞台の世界は、衣食住とは違って、なくても世の中が成立してしまうんです。だからこそ、必要とされるために、現場で必死に試行錯誤しながら作品の存在意義を、すべての部署のスタッフと共演者で見つめ続けています」と吐露。

続けて「この作品は生まれたての赤ん坊から、100歳を超えるご年配まで、すべての方に楽しんでいただける『キング・オブ・ポップ』にしたいという思いを掲げて、制作してまいりました。いつどんなときでもお客様のために現場に立っています」と明かし「(完成披露上映会では)本当に久々にお会いできたんですよ。それがすごくうれしくて、涙が堪えられなくなってしまいました」と照れくさそうに笑った。

イベントでは、佐藤が市原に「なんでそんなに筋肉があって、なんでそんな動きができるのか?」と質問する場面があった。市原は、現場はハードだと言い「ものすごく体力を奪われてしまうので、その状態で最高のパフォーマンスができなかったらすごくくやしくなるので、まず体力をつける」と明かす。

また、食事制限もするそうで、市原は「現場に入ったら絶対に僕はうどんしか食べない。油ものも一切入れないで、同じルーティンでずっとつなげていく」とストイックなルーティンを告白。「結局、自問自答の世界。誰かのせいにするんじゃなくて全部自分のせいにしていくと、『自分が変わればすべてが変わるんだ』と思えたときからより楽しくなってきた。そのひとつとして鍛えてます」と明かした。市原の答えを聞いた佐藤は「僕も今日から鍛えます!」と意気込んでいた。

『劇場版 おいしい給食 卒業』は全国公開中。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加