坂本昌行 コロナ禍で“1人ウーバーイーツ”挑戦...友人宅へ料理運び「楽しかった」

坂本昌行 コロナ禍で“1人ウーバーイーツ”挑戦...友人宅へ料理運び「楽しかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/13

「V6」の坂本昌行(49)が、12日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)にゲスト出演し、新型コロナウイルスによる自粛期間中に飲食店を救うために起こした行動について語った。

No image

「V6」の坂本昌行

出演予定だったミュージカルがコロナ禍で中止になるなど、芸能活動に影響を受けたという。「さすがになかなか外に出られませんでしたし、スーパーにも買い物にも行けませんでした」。自粛期間中は、知り合いの飲食店も「大変だというのが分かっていた」といい、救済するために策を練ったという。

そこで思いついたのが、持ち帰り料理を友人に配るという“1人ウーバーイーツ”。「今、流行っているウーバーイーツをやってみようと思って。知り合いところからテイクアウトして、車で友達の所を転々として。逆に友達から違うものをもらったりしたので、楽しかったですね」と振り返った。

実家にも料理を届けたという。「個数で言うと100個近く。友達のところを配って回って、最後に両親に持って行って。喜んでくれましたね」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加