エディ・マーフィ『星の王子ニューヨークへ行く』続編、来年3月5日に配信決定!

エディ・マーフィ『星の王子ニューヨークへ行く』続編、来年3月5日に配信決定!

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2020/11/20
No image

前作『星の王子ニューヨークへ行く』より - Paramount / Photofest / ゲッティ イメージズ

エディ・マーフィ主演の人気コメディー『星の王子ニューヨークへ行く』(1988)の続編『カミング・2・アメリカ(原題) / Coming 2 America』が、2021年3月5日より Amazon Prime Video で配信されることが決定した。

『星の王子ニューヨークへ行く』は、父親から婚約者を決められてしまったアフリカの王国の王子アキーム(エディ)が、理想の花嫁探しのためニューヨークにやって来たことから巻き起こる騒動を描いたコメディー。魅力的なキャラクターや世界中の人が共感できる要素を含んだストーリーが反響を呼び、世代を超えて現在も愛されている。

続編は、緑豊かな王国ザムンダを舞台に、新たに戴冠した国王アキーム(エディ)と彼の親友セミ(アーセニオ・ホール)が、アフリカからニューヨークのクイーンズを目指し、新たな冒険を繰り広げる。エディやアーセニオに加えて、前作からシャーリー・ヘドリー(ヒロイン・リサ役)、ジョン・エイモ(リサの父役)、ジェームズ・アール・ジョーンズ(国王役)が続投。新キャストとして、『ブレイド』のウェズリー・スナイプス、『ゴーストバスターズ』のレスリー・ジョーンズ、「30 ROCK/サーティー・ロック」のトレイシー・モーガン、『ビール・ストリートの恋人たち』のキキ・レインなどが加わる。

Amazon Studios のジェニファー・サルケは、「前作『星の王子ニューヨークへ行く』は、最も愛され賞賛を浴びたコメディー映画のひとつで、当時は社会現象にもなりました。エディ・マーフィのコメディアンとしての卓越した才能、優秀な映画製作者、脚本家、そして素晴らしいキャストのおかげで、この新たな冒険の始まりに興奮せざるを得ません。世界中の視聴者がこの陽気で楽しい映画に夢中になり、時代を超えて愛される作品になることは間違いないでしょう」と声明を発表。

プロデューサーのケヴィン・ミッシャーは、「Amazon Studios は、エディ・マーフィ主演の『Coming 2 America(原題)』を世界中の視聴者にお届けすることになりました。お客様は、30年間愛されてきたメンバーに再会し、今後何年も愛されるであろう新しいキャラクターと出会って、笑いに包まれるでしょう」とコメントしている。

メガホンを取ったのは、同じくエディ出演作『ルディ・レイ・ムーア』のクレイグ・ブリュワー監督。脚本は、オリジナル版の脚本家デヴィッド・シェフィールドバリー・W・ブラウスタインが執筆したものを、ケニヤ・バリスが改稿している。(編集部・倉本拓弥)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加