過去は変えられないけど、「過去のことで悩む自分」は許してあげられる!

過去は変えられないけど、「過去のことで悩む自分」は許してあげられる!

  • レタスクラブ
  • 更新日:2023/01/25
No image

「過去のことで悩む自分」を許そう / (C)Poche、もくもくちゃん/KADOKAWA

人に会ったあとの「ひとり反省会」は、あなたが頑張った証拠です!

日々を生きていく中で、漠然とした「しんどさ」を抱えていませんか? その「しんどい」って、なんだか苦しいですよね。心の底から楽しいと思えなくなるし、なんだか朝から疲れているし、みんなといれば笑顔だけど家に帰れば「無」になるし、何もしたくないのに周囲に気を遣っちゃうし…。

そんな「しんどい」を抱えているあなたに送る、「頑張らずに読める」考え方。「自分なんて」が「自分らしく」に変わる心をほぐす言葉を、人気イラストレーター・もくもくちゃんの可愛らしいイラストと共にお届けします!

※本記事はPoche著、もくもくちゃんイラストの書籍『あなたの「しんどい」をほぐす本』から一部抜粋・編集しました。

「過去のことで悩む自分」を許そう

嫌だった、悲しかった、悔しかった、助けてほしかった、まだ好きだった……。過去について悩むときには、「今もまだ納得できていない本音」「整理できていない気持ち」が隠れています。

今あなたが過去について悩んでいるのなら、当時言葉にできなかった自分の本音が、やっと出てきたのかもしれません。

あなたは過去のことで「未だに」悩んでいるのではなくて、「やっと」過去のことを悩めているのかもしれないのです。

「今も思い出してしまうほど、苦しいことがあったんだな」と、過去の自分をいたわってください。今も思い出して悩むほど、つらいできごとがあったのですから。

「過去は変えられないんだから」「もっと前向きに考えたら?」と、誰かからアドバイスされた人もいるかもしれません。誰かにハッキリ言われなくても、自分自身をそのように責めてしまうこともあるでしょう。

たしかに過去は変えられません。

でも、だから悩むんです。

過去は変えられないからこそ後悔するし、ひどいことをされれば腹も立つし、あれでよかったのかと迷うし、つらいことを思い出して悲しくなります。

簡単に過去が変えられるなら、こんなに悩みません。変えられるような過去なら、今すぐ変えちゃえばいいのですから。

だから、過去のことで悩むのはとても自然なことです。

一番よくないのは、「過去のことについて悩むのはよくない」という思い込み。脳は分からないことがあると「なんとか解決しようとするクセ」がありますから、よくない理由をあちこちから集めて自分を責めてしまいます。

未来のことで悩むのはよくて、過去のことで悩むのはよくないなんてことはありません。楽しいことを思い出すのはよくて、つらいことを思い出すのはよくないなんてこともありません。

ポジティブがよくて、ネガティブがダメなんてこともありません。カリフォルニア大学の研究では、「ネガティブな人の方が成功しやすい」という発表もなされています。

あなたも、過去のことで悩んでもいいのですよ。

過去のことで悩む自分を責めたり、今も悩んでいることに落ち込んだりする必要はありません。

No image

今も思い出しちゃうほど、傷つくことがあったんだよね。 / (C)Poche、もくもくちゃん/KADOKAWA

著=Poche、イラスト=もくもくちゃん/『あなたの「しんどい」をほぐす本』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加