【巨人】19年ドラ2・太田龍が319日ぶりの公式戦登板で今季初白星 中田翔の逆転3ランで4連勝

【巨人】19年ドラ2・太田龍が319日ぶりの公式戦登板で今季初白星 中田翔の逆転3ランで4連勝

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/09/15
No image

◆イースタン・リーグ 巨人7―5楽天(15日・G球場)

巨人2軍は楽天と対戦し、7―5で勝利した。

先発した直江は初回、田中和にタイムリーを浴びて先取点を献上。2、3回は無失点に抑えたが、4回は3者連続タイムリーを浴びて3失点。4回4失点で降板した。

打線は初回、広岡のタイムリーで同点としたが、その後はリードを許した。しかし1点ビハインドの7回2死一、三塁の好機で中田の3ランが飛び出して逆転に成功した。

6回から登板した太田は2イニングを無失点に抑える好投。昨年10月31日のイースタン・西武戦(カーミニーク)以来、319日ぶりの公式戦マウンドで今季初白星を挙げた。

8回から登板した育成3位ルーキー・笠島も2イニングを投げて無安打無失点と快投。リードをしっかりと守り、公式戦初セーブを挙げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加