広島佐々岡監督「本当にナイスゲーム」昨年から続く不名誉な“記録”ストップ

広島佐々岡監督「本当にナイスゲーム」昨年から続く不名誉な“記録”ストップ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/27
No image

5回の攻撃を終え、選手交代を告げる広島・佐々岡真司監督=北谷公園野球場(撮影・北村雅宏)

「練習試合、中日0-4広島」(23日、Agreスタジアム北谷)

広島は投打ががっちりかみ合い、今年初めて対外試合で勝利した。投手陣は先発・スコットから矢崎、中村祐、栗林、島内と無失点リレー。打線は鈴木誠、堂林が今年の“1号”を放つと、アピールが求められる若鯉も結果を残した。

試合後の佐々岡監督の一問一答は下記の通り。

-2、3月の対外試合に限ると、昨年から15試合連続白星なしだった。ようやく今年の初勝利となった。

「先発スコットから、投手陣がしっかり抑えたゲームだった。誠也と堂林のホームランで点を取りましたが、ヒットも出て、つなぐ意識とか次の塁(を狙う)ということも、失敗がありながらも、しっかりとした(試合ができた)。勝敗というより、内容を重視する中でね。ずっと負けていて選手たちも最初の円陣で『今日は勝とう』と。負けるよりも勝った方が気持ち的にも良い雰囲気になる。本当に今日はナイスゲーム」

-第5クールの手応えは。

「先発陣、リリーフ陣は本当に競争。先発投手は3枚がほぼほぼ頭の中に入っている。残り3枚の競争は『6分の3か、7分の3くらい』だと思いますので、今日から最後までの競争だと思っています」

-21日の練習試合・阪神戦で緊急降板した床田が練習に復帰した。

「今日はキャッチボールをしている。そこまでではなかったと思うので、そこも一安心だと思います」

-打線は林ら若手も頑張った。

「主力が出始めると、なかなか若手にチャンスがない。数少ないチャンスで(結果を)出していかないといけない選手、今日は林が良い打撃をした。投手同様、みんな競争だと思いますし、下からの報告で入れ替える可能性も出てくる。そういう危機感も持っていると思うので、若い選手はみんな必死だと思います」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加