山林で伐採作業の男性会社員が死亡 1人で木材をワイヤーで引き上げる作業中

山林で伐採作業の男性会社員が死亡 1人で木材をワイヤーで引き上げる作業中

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2022/09/22
No image

22日午後、山梨県北杜市高根町清里の山林内で伐採作業中の男性が死亡する労災事故がありました。

死亡したのは、甲府市後屋町の会社員 遠藤健太さん30歳です。

警察によりますと22日午後2時ごろ、北杜市高根町清里の山林の伐採作業現場で同僚が倒れている遠藤さんを発見し119番通報しました。

遠藤さんは韮崎市内の病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。

事故当時、遠藤さんは1人で木材をワイヤーで引き上げる作業をしていて、離れたところにいた同僚が不自然なワイヤーの動きに気づき、倒れている遠藤さんを見つけたということです。

警察で遠藤さんの死因と事故の原因について捜査しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加