慶大が3年ぶり4強「ヒットが出なくても点を取る」攻撃で好左腕攻略 大学野球選手権

慶大が3年ぶり4強「ヒットが出なくても点を取る」攻撃で好左腕攻略 大学野球選手権

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/10
No image

5回、福井の犠飛で生還する渡部(撮影・高石航平)

「全日本大学野球選手権・準々決勝、慶大5-3関学大」(10日、神宮球場)

慶大が関学大を破って2018年以来の4強入りを決めた。今秋ドラフト上位候補左腕の関学大・黒原をじわじわと苦しめ、攻略。主将の福井章吾捕手(4年・慶応)が1安打2打点と好リードで難敵を振り切った。

目標に掲げる攻撃で好投手を攻略した。相手先発の黒原を5回4失点でKO。ただし、タイムリーは1-0とした初回2死二塁から「しっかりとはじき返せた」という福井の中前適時打のみ。犠飛、押し出し死球で加点し、追い詰めた。

19年12月に就任した堀井哲也監督のもと、ヒットが出なくても点を取る野球を目指してきた。練習ではケース打撃の際、「どこに打ったら点が入るのか」(福井)とパターンを想定。大会屈指の左腕が相手でも、指揮官は「大胆かつ細心に」と臆することなく普段通りの攻めを貫いた。

3年前は準決勝で敗れた。1987年以来の日本一へ、越えなければならないカベだ。12日は上武大と対戦する。「トーナメントはここ(準決勝)からが難しいのはわかっています」と福井。“陸の王者”は一歩ずつ、34年ぶり4度目の頂点へ近づいている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加