ドゥカティ、『スーパースポーツ950』発表...ロードスポーツが進化

ドゥカティ、『スーパースポーツ950』発表...ロードスポーツが進化

  • レスポンス
  • 更新日:2020/11/20
No image

ドゥカティ・スーパースポーツ 950

もっと画像を見る
ドゥカティは11月18日、「ドゥカティワールドプレミア2021」の「エピソード3」において、『スーパースポーツ950』(Ducati SuperSport 950)をデジタルワールドプレミアした。

「ドゥカティワールドプレミア」は、毎年恒例の新車発表イベントだ。今年は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大に配慮して、デジタル形式で行われている。

「ドゥカティワールドプレミア2021」は、5回に分けて開催され、まずは11月4日の「エピソード1」において、新型『ムルティストラーダV4』が発表された。これに続いて11月11日、「エピソード2」では、『Xディアベル』と『スクランブラー』の2021年モデルが発表された。そして11月18日、ドゥカティワールドプレミア2021のエピソード3において、スーパースポーツ950がデジタルワールドプレミアされている。

◆パニガーレV4のイメージを受け継いだ新デザイン

ドゥカティのロードスポーツバイクの名称が、スーパースポーツ950に変更されて新登場した。名称変更だけにとどまらず、デザイン、エレクトロニクス、装備にアップデートが施され、ユーロ5規制にも適合させている。

デザインは一新された。ドゥカティ・スタイル・センターによって設計された新しいフェアリングを採用し、『パニガーレV4』のイメージを受け継ぐことで、さらにスポーティでダイナミック、流れるようなシェイプに進化を遂げた。

スーパースポーツ950は、新しいフェアリングにより、よりスポーティで流れるようなボディラインを追求した。新しいフルLEDヘッドライトとサイドエアベントが、パニガーレV4を思わせるデザインだ。

スーパースポーツ950のサイドビューは、パニガーレV4のダブルエクストラクターを彷彿とさせるエアベントが大きな特徴となる。下側のフェアリングは、メカニカルコンポーネントを包み込むようにサイドサイレンサーの部分まで伸び、その姿はサーキットを走るレーシングマシンを連想させる。

◆新デザインのLEDライト

デイタイムランニングライトは、光を均一に拡散するオパールを使用した。ヘッドライトは、ロービームとハイビーム用の2つのバイファンクションLEDモジュールから構成されており、ヘッドライト点灯時に左右対称のルックスを実現する。

低く、スリムでダイナミックなラインを描くフロントスクリーンは、中央部分で燃料タンクと接続されており、新しいフルTFTカラーメーターパネルを収納するボディ同色のモダンなデザインとした。スポーティなデザインのフロントスクリーンは、2段階に高さを調整することが可能で、優れた防風効果を発揮するという。

ライダーとパッセンジャーシートは、コントラストステッチによって2つの部分に分割された。これにより、座り心地が改善されると同時に、スポーティなイメージを演出している。

サイドサイレンサーは、2本のオーバーラップアウトレットを備えたコンパクトなデザインを採用した。その形状と低いポジションに加えて、「Y」字デザインのリアホイールを完全に露出させることにより、リアサイドのダイナミズムを高めている。

◆2気筒「テスタストレッタ」エンジンは最大出力110ps

排気量937cc の2気筒「テスタストレッタ」エンジンは、ユーロ5規制に適合させた。エグゾーストシステムとエンジンコントロールシステムに変更はなく、従来通り幅広い回転域で豊かなトルクを発生する。最大出力は110ps/9000rpm、最大トルクは9.5kgm/6500rpmとした。

このエンジンは、3500rpmで最大トルクの80%を発生し、9.5kgm/6500rpmの最大トルクまで、フラットなトルク曲線を描く。6500rpmを超えると、トルクは徐々に低下するものの、最大出力110psを発生する9000rpmまで、最大トルクの90%を超える値を維持する。

このような特性によって、あらゆる速度域で思いのままにパワーを引き出し、コーナー出口では俊敏な加速が可能で、ギアチェンジの回数も減らすことができるという。また、110psの最大出力は、ライダーが気負うことなく、完全にコントロールすることが可能で、心地よいライディング体験を提供する。

エンジンマネージメントとインジェクションシステムは、スーパースポーツの用途を考慮しながら、2気筒エンジンのキャラクターを高めるために開発された。電子的なスロットルコントロールは、ライダーの要求をエンジンに正確に伝達し、スーパースポーツの多用途な特長に適合しながら、ソフトウェアが予測的にライダーをサポートする。

フルライドバイワイヤシステムによって制御されるこのエンジンには、直径53mmのスロットルボディからエアが導入される。このエンジンは気筒あたり4バルブで、セカンダリエアシステム、水冷、圧縮比は12.6:1、ボア94mm、ストローク67.5mmとした。

エグゾーストシステムは、外径54mmのパイプとロワープレサイレンサーを備える。プレサイレンサーは、コンパクトなオーバーラップアウトレットを持つサイドサイレンサーに接続されている。

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加