ピクシーといえば...革靴ダイレクトボレー

ピクシーといえば...革靴ダイレクトボレー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

豊田スタジアムのギャラリーに展示されている名古屋ドラガン・ストイコビッチ監督の「伝説の革靴」(13年11月撮影)

日本で大活躍したピクシーこと、ドラガン・ストイコビッチ監督(56)がセルビア代表を率い、11日に森保一監督(52)が指揮する日本代表と11日にノエビアスタジアム神戸で国際親善試合を戦う。

<ドラガン・ストイコビッチ アラカルト>

◆生まれ 1965年3月3日、旧ユーゴスラビア生まれ。

◆華麗なる経歴 レッドスター、マルセイユ、ベローナから94年に名古屋グランパス入り。J1通算184試合57得点。95年にJリーグMVP。旧ユーゴ代表として国際Aマッチ84試合15得点。ワールドカップは8強入りした90年イタリア大会と98年フランス大会に出場。84年ロサンゼルス・オリンピックでは銅メダル。

◆就任 今年3月にセルビア代表監督に。

◆妖精 現役時代の愛称はその華麗なプレーもあり、ピクシー(妖精)。

◆革靴弾 名古屋監督時代の09年の横浜F・マリノス戦(日産ス)で、ピッチ脇からこぼれ球を革靴でダイレクトボレー。見事に相手ゴールに蹴り込み退席処分になる。

◆日本大好き 好物は鮎の塩焼き、納豆とC.C.レモン。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加