深川麻衣「母撮ってくれた」幼少期の懐かし写真公開

深川麻衣「母撮ってくれた」幼少期の懐かし写真公開

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

映画「おもいで写真」完成報告会見であいさつする深川麻衣(撮影・鈴木みどり)

元乃木坂46で女優の深川麻衣(29)が13日、都内で主演映画「おもいで写真」(熊沢尚人監督、29日公開)完成報告会見に出席した。

2度目の映画主演となった深川は「無事にこの日を迎えられてうれしいです。無事公開が決まり、早くみなさんの感想を聞いてみたいなって思います」とあいさつした。

同作は所属芸能事務所テンカラットの25周年企画映画でもあり、同事務所所属の高良健吾(33)香里奈(36)も登壇した。先輩に囲まれながら、主演を務めた深川は「プレッシャーが無いといったらうそになるんですけど、事務所の先輩方と同じ作品で、ご一緒するのも初めてで、得るものもきっと大きな作品になるんだろうと純粋に楽しみでした」と振り返った。

会見では映画にちなみ、キャスト初だしの“おもいで写真”も公開。深川は2~3歳ごろの母が撮ったという、地元の祭りに参加した際の写真を公開し「小さい頃から大好きで、屋台の上に乗って法被を着て、母が撮ってくれた写真です」と恥ずかしがりながら明かした。

最後に深川は「成長物語でもあり、家族愛、人間愛、いろんな愛を描いた作品になっています。ぜひ、沢山の方に見ていただきたいです。よろしくお願いいたします」と力を込めた。

同作は、熊沢監督のオリジナルストーリー。東京で夢に破れた女性が祖母の死をきっかけに帰郷し、お年寄りと触れあうことで人生に希望を見いだす、心温まる人間ドラマを描く。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加