延長で敗れ優勝マジック減らせず キャプテン柳田悠岐の逆転弾...モイネロ被弾で逃げ切れず

延長で敗れ優勝マジック減らせず キャプテン柳田悠岐の逆転弾...モイネロ被弾で逃げ切れず

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2022/09/23
No image

◆ソフトバンク3-6ロッテ(23日、ペイペイドーム)

ソフトバンクが延長10回、逆転負けを喫し、優勝マジックを「7」のまま減らすことができなかった。

ロッテ安田の2ランで先制を許す展開。反撃開始は4回だった。5番デスパイネの12号ソロで1点差に迫る。だが、次の1点が奪えない。5回は無死一、二塁の好機をつくるが適時打が生まれなかった。6回には無死三塁の好機をつくるが、8番周東、代打野村大、1番三森と3者連続で三振に倒れる。

先発の和田は5回2失点で降板。NPB150勝はならなかった。その後はリリーフ陣が踏ん張る。甲斐野、津森と継投し、得点を許さない。

その頑張りに主将が応えた。7回1死一塁、東條の147キロの真っすぐをジャストミートし、左中間スタンドへ22号逆転2ランを放った。

8回は藤井が抑えた。しかし、9回に守護神モイネロが被弾し試合は振り出しに戻り、延長戦へ。10回、リリーフ陣が打ち込まれ3失点を喫した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加