ESIよりモニタリング・ヘッドフォン「eXtra 10」、dSONIQ Realphonesの専用版をバンドルして発売

ESIよりモニタリング・ヘッドフォン「eXtra 10」、dSONIQ Realphonesの専用版をバンドルして発売

  • BARKS
  • 更新日:2021/06/11
No image

ドイツに拠点を置き、スタジオ&ホームユースのオーディオ/MIDI インターフェースやモニタースピーカーなどを開発・製造するESI Audiotechnik(略称:ESI)のモニタリング・ヘッドフォン「eXtra 10」が2021年6月16日(水)より発売される。

◆「eXtra 10」 関連動画&画像

ESI Audiotechnikは、世界的にも有名な技術都市レーオンベルクに本社を置く企業。ミュージシャン、DJ、プ ロデューサーと共同で製品開発を行っており、ユーザーのニーズと課題に応えた製品は品質基準と費用対効果が高く評価され、20年以上にわたり市場で成功を収めてきた老舗ブランドだ。“German Design. Performing Worldwide.” をスローガンに、ユーザーに最適なソリューションを提供することを目指して、Danteプロトコルを用いたスタジオ・ユースの小型インターフェースなど、ユニークかつオリジナリティ溢れる製品を開発している。

No image

そんなESIからリリースされるeXtra10は、コストパフォーマンスに優れながらも「高音質」と「快適性」を高いレベルで実現。製品にはヘッドフォン用キャリブレーション&エミュレーション・ツールとして知られるdSONIQ RealphonesのeXtra 10専用版をバンドルしており、ハードとソフトウェアの融合による理想的なヘッドフォン・ミックスの環境を提供する製品だ。

No image

本機用にカスタマイズした「dSONIQ Realphones ESI Edition」は、ヘッドフォンの周波数特性を補正し、レコーディング・スタジオのコントロール・ルームの音響特性をヘッドフォンで再現可能にする。dSONIQ Realphones ESI Editionは、数か月に渡るチューニングを経て細部に至るまでeXtra 10に最適化されており、頭部伝達関数に基づいたバイノーラル・ヴァーチャル・ポジショニングにより、スピーカーで聴いているのと同じようにミックスを行うことができる。本機とdSONIQ Realphones ESI Editionの組み合わせにより、スタジオの高品位なモニタリング・システムと同等の、正確で信頼性が高いヘッドフォン・ミキシング環境を提供するというわけだ。

No image

ESI「eXtra 10」

2021年6月16日(水)
価格:オープンプライス(市場予想税抜価格:7,480円)
付属品:eXtra 10本体、3.5mm - 6.3mm 変換プラグ、dSONIQ Realphones ESI Edition ダウンロード・バウチャー * / 説明書 / 保証書
* dSONIQ Realphones ESI Edition はダウンロード提供です

◆「eXtra 10」 オフィシャルサイト(diligent)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加