北海道初の星野リゾートの温泉旅館「界 ポロト」が本日、2022年1月14日(金)オープン!

北海道初の星野リゾートの温泉旅館「界 ポロト」が本日、2022年1月14日(金)オープン!

  • Precious.jp
  • 更新日:2022/01/14

星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」は、「王道なのに、あたらしい。」をテーマに、四季の豊かさや和の趣き、伝統を生かしたおもてなしを提供しています。その「界」の新しい施設「界 ポロト」が、2022年1月14日(金)、北海道南西部の白老町にオープンしました。

全室から美しいポロト湖を望む、とんがり湯小屋の宿

No image

「界 ポロト」外観

アイヌ語で「大きな湖」を意味する「ポロト湖」。多くの野鳥が生息する天然林に囲まれたポロト湖畔に「界 ポロト」はオープンします。アイヌ文化と豊かな自然との一体感を感じられる温泉宿の誕生です。

「界 ポロト」を手がけた建築家・中村拓志氏は、「白老は、かつてアイヌ民族の集落(コタン)があった場所で、現在、敷地の向かいには ウポポイ(民族共生象徴空間)が再現したチセの集落があります。そこで、美しい湖を敷地内に引き込んで、客室からはその集落と白樺の森の中からポロト湖と樽前山を望めるようにしました」と語っています。

美肌の湯「モール温泉」を楽しむふたつの湯屋

界 ポロトの温泉は、世界的にもめずらしい「モール温泉」の湯。天然植物由来の腐植質の有機物を含有し、独特の茶褐色の湯が特徴のモール温泉は、その成分から「美肌の湯」 と言われています。

注目は、とんがり湯小屋の「△湯(さんかくのゆ)」とドーム型の「〇湯(まるのゆ)」というふたつの大浴場。趣の異なる浴場には、建築家・中村拓志氏のこだわりが込められています。

No image

「△湯」の露天風呂

No image

「△湯」内風呂

湖上に佇む開放感溢れる「△湯(さんかくのゆ)」は、アイヌ文化の建築に着想を得たとんがり湯小屋が特徴で、内風呂と露天風呂を備えています。ポロト湖にせり出す露天風呂では、四季折々の景色共に、湖との一体感を感じながらの湯あみを楽しめます。

No image

ドーム型の「〇湯」

一方、「〇湯(まるのゆ)」は、洞窟の中にいるかのような空間。「地中に抱かれるような感覚で自然の恵みである温泉を楽しみ、この場所でしかできない体験を楽しんでほしい」という、中村氏の思いが形になっています。

No image

湯上がり処

湯上がりには、ポロト湖と大自然を眺めながら思い切りリラックスしましょう。

ポロト湖と共に過ごすご当地部屋 「□の間(しかくのま)」

No image

ご当地部屋「□の間(しかくのま)」

アイヌ民族が暮らす家「チセ」から着想を得た客室は4タイプ。「炉」をイメージしたテーブルを中心に、壁紙やクッションにアイヌ文様が施され、アイヌ文化に親しめる空間に。また、全ての客室からポロト湖を一望でき、自然を感じながらゆったりとした時間を過ごせます。

北海道の味覚を味わう会席料理

No image

毛蟹と帆立貝の醍醐鍋(だいごなべ)

北海道ならではの食材を生かした会席料理は、プラベート感のある半個室にて提供されます。会席のメインである「毛蟹と帆立貝の醍醐鍋(だいごなべ)」は、毛蟹や帆立貝をブイヤベース仕立ての鍋で味わう贅沢な一品。アイヌ文化からイメージを得た器も登場して、目にも楽しい会席コースです。

以上、北海道に新しくオープンした「界 ポロト」についてご紹介しました。アイヌ文化とポロト湖の美しさを感じながら、北海道の大自然の恵みであるモール温泉に浸かる…、そんな幸せな温泉体験をぜひ。

< 界 ポロト 施設詳細 >

施設名称:界 ポロト
客室数:42室
設備:ロビー、食事処、トラベルライブラリー、ショップ、湯上がり処、
大浴場「△湯」(男女別、露天風呂各1、内風呂各2)、「○湯」(男女別、内風呂各1)
料金:1泊¥28,000〜(2名1室利用時1名あたり、サービス料・税込、夕朝食付)
TEL:0570-073-011(界予約センター)

問い合わせ先

界 ポロト

TEL:0570-073-011(界予約センター)

Precious.jp(プレシャス)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加