プロ野球2・1予定通りキャンプインへ コロナ対策やファンの来場制限は?

プロ野球2・1予定通りキャンプインへ コロナ対策やファンの来場制限は?

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/01/12
No image

プロ野球の臨時12球団代表者会議が12日、オンラインで開かれた。

新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が再発令。同日に先だって行われた「新型コロナウイルス対策連絡会議」の内容を受け、春季キャンプの実施について協議した。

日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は「現時点では2月1日のキャンプインで準備を進めるということで(宮崎、沖縄の)自治体さんとも話を進めております」と説明。新型コロナウイルス対策連絡会議での専門家チームの指摘も踏まえ(1)キャンプ地への移動前に選手、スタッフ全員がPCR検査を受け陰性を確認(2)キャンプイン直後にも速やかに1度検査を行う(3)その後は1週間に1回程度、スクリーニング検査を継続する―と12球団で方針を固めたと語った。体調不良者が出た場合の検査態勢についても確認したという。

また球場のアルバイトや、評論家・解説者として訪問するOB、報道関係者についても「できれば移動する前には検査を受けていただきたいものだという話も出ました」(同事務局長)と言い、改めて関係者と協議する考えを示した。

観客の受け入れについては「自治体の方針通りに決定していく」とし、「来場の条件という形でお客様に検査を求めることはありません」と続けた。

12球団は2月1日に宮崎、沖縄両県で一斉にキャンプインする予定。同7日までの緊急事態宣言が出されている首都圏の1都3県は、巨人、DeNAなど5球団が本拠地としている。

また阪神、オリックスの本拠地を含む関西の3府県も、政府に発令を要請。キャンプ地の宮崎県も、感染拡大で独自の緊急事態宣言を出していた。

オープン戦は2月23日に沖縄県内で始まり、セ・パ両リーグの公式戦は3月26日に開幕予定。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加