NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
矢部太郎の最新刊、親子愛“充満”で10万部突破!

矢部太郎の最新刊、親子愛“充満”で10万部突破!

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/21
No image

芸人・マンガ家のカラテカ矢部太郎(44)の最新作「ぼくのお父さん」が1 0 万部を突破した。21日、発売元の新潮社が発表した。発売は6月17日で約1カ月での快挙となった。

矢部の父親は絵本作家。40年前の東京・東村山を舞台に、つくし採取、自転車の二人乗りなど親子で一緒に遊び、のびのびと子どもと向き合ういっぽうで、しっかりと子どもを見守った日々が描かれている。

SNS上では発売直後から、「矢部さん2 年間ずっと新作を待ってました!」「笑えるのに癒やされて涙が止まらない」「お父さんが絵本作家だなんて知らなかった」など感動の声が次々投稿され、各地の書店で次々に週間ベストセラー1 位を獲得していた。

10万部突破記念で、特別イラストが発表された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加