「PFFアワード2022」グランプリ&準グランプリは共に“親友”タッグ!それぞれの絆が会場を沸かせる

「PFFアワード2022」グランプリ&準グランプリは共に“親友”タッグ!それぞれの絆が会場を沸かせる

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2022/09/22
No image

三島有紀子監督激賞!26歳の新鋭が栄冠に輝く

9月25日(日)まで国立映画アーカイブにて開催中の「第44回ぴあフィルムフェスティバル2022」。本映画祭のメインプログラムであるコンペティション「PFFアワード」が22日、コートヤード・マリオット銀座東武ホテル 2階「桜の間」にて行われ、審査員より各賞の受賞者が発表された。

【写真を見る】PFFアワード2022、受賞監督らのコメントにもドラマが!

40年以上の歴史を誇る「PFFアワード」は、これまでに石井岳龍、黒沢清、塚本晋也、矢口史靖、佐藤信介、李 相日、荻上直子、石井裕也、山戸結希など160名を超えるプロの映画監督を輩出した、映画監督への登竜門。本年は520本の応募から入選を果たした16作品が映画祭で上映され、最終審査員の選ぶグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞(3作)の5作品と、PFFオフィシャルパートナーや観客の選ぶ賞として、エンタテインメント賞(ホリプロ賞)、映画ファン賞(ぴあニスト賞)、観客賞の3作品、計8作品が選出となった。

はじめに発表となったのが、観客の人気投票によって決定した観客賞。受賞した『スケアリーフレンド』は、プレゼンターの国立映画アーカイブ学芸課長の入江良郎が「会場を一番盛り上げた作品」と評するエンタテインメントの高い力作。中学からの友人同士である峰尾宝、高橋直広両監督は「友達が少ないので、喜びを誰に伝えたらいいか…」とお互いを見やりながら照れ笑いを浮かべていた。

映画ファン賞(ぴあニスト賞)を受賞した『瀉血』の金子優太監督は、「映画は1人では作れないものだと思いました。今日会場にも来てくれているスタッフの皆さんにもあらためて感謝したいです」と神妙な面持ちでスピーチした。

エンタテインメント賞(ホリプロ賞)を受賞した『水槽』の中里有希監督は、就職活動真っ只中の現役大学生。プレゼンターを務めたホリプログループ会長の堀 義貴より、「所属タレントと仕事をしてほしいという観点でも選ばせていただいた。就職活動に困ったら、相談してください」と声をかけられると、「今日会場にお母さんが来ているので…」と満面の笑みを見せていた。

審査員特別賞では、審査員の玉川奈々福が「鎮魂の物語」と激賞した『the Memory Lane』の宇治田峻監督は、「こんな素敵なご婦人から賞をいただけて…」としどろもどろになりながらもニッコリ。光石研が「12分の短さもよかったが、もっと長いものを観たい!」と述べた『幽霊がいる家』の南香好監督は、本日のために在住する京都から駆け付けたということで「好きなものを作ってきたのですが、初めて人に観ていただくという貴重な経験ができました」と話し、受賞におどろいたような表情も見せていた。

一方で悔しさがにじむ場面もあるのが、プロの登竜門として多くの人間が頂点を目指すPFFならでは。審査員のとよた真帆が「コロナ禍ならではの作品」と評したアニメーション作品『MAHOROBA』の鈴木竜也監督は、PFFアワード2018の入選者で、「もっと上を目指していたので悔しくもあり…」と素直な感情を吐露し、会場では拍手が鈴木監督の奮闘をたたえた。

最大のサプライズとなったのが、準グランプリで2つ目の栄冠を獲得した『スケアリーフレンド』。審査員の菊地健雄監督より、「エンドクレジットがほとんど2人の名前だった」と突っ込まれると、音楽をアプリで作るなど、二人三脚で手探りの作業を繰り返した日々を振り返った。

壇上には、会場に来ていた本作の主演であり、峰尾宝監督の妹である峰尾桜が呼び込まれ、兄とニッコリ笑顔のツーショット。「小学生の時に撮ったので、演技が下手で恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべたが、「お兄ちゃん」と声をかけると、会場をこの日一番の温かい空気が包み込んだ。

栄えあるグランプリを獲得したのは、河野宏紀監督による『J005311』だ。審査委員長の三島有紀子監督は、PFFに応募した経験がない自分が審査委員長を務めたことを、「不思議」だと思っていたそうだが、本作を観て、「この作品を選ぶためにここにいるんだ、この世界に生きていてよかった」とさえ思ったと熱く語った。

「審査会で熱弁したのですが、満場一致でした」と圧倒的な支持を集めたという同作は、俳優でもある河野監督が、養成所で同期だった主演の野村一瑛と作り上げた、堂々93分の力作。河野監督は、時おり言葉に詰まるような素振りを見せつつも、「人生でもどん底な自分たち自身を救いたいと思って、野村と2人で作った映画です。評価してくださった皆さんには感謝しかないです」とまっすぐな目で会場を見渡した。

壇上に呼ばれた主演の野村は、涙をこらえながら「河野は人生で一番、僕を救ってくれた人。彼の強さがこの映画に表現されたんじゃないかと思っています。おめでとうございます」と、親友が勝ち取った栄誉を心底喜んでいるように見えた。

「PFFアワード2022」受賞結果は、以下の通り。(年齢は応募時のもの)

「PFFアワード2022」受賞結果

グランプリ

『J005311』 93分 監督:河野宏紀(26歳)

準グランプリ

『スケアリーフレンド』 76分 監督:峰尾 宝(23歳)、高橋直広(23歳)

審査員特別賞

『the Memory Lane』 25分 監督:宇治田 峻(27歳)

『MAHOROBA』 14分 監督:鈴木竜也(27歳)

『幽霊がいる家』 12分 監督:南 香好(31歳)

エンタテインメント賞(ホリプロ賞)

『水槽』 53分 監督:中里有希(20歳)

映画ファン賞(ぴあニスト賞)

『瀉血』 86分 監督:金子優太(20歳)

観客賞

『スケアリーフレンド』 76分 監督:峰尾 宝(23歳)、高橋直広(23歳)

取材・文/編集部

※高橋直広の「高」は、はしごだかが正式表記

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加